建皇子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

建皇子(たけるのみこ、白雉2年(651年) - 斉明天皇4年(658年)は、飛鳥時代皇族天智天皇の第二皇子。母は蘇我倉山田石川麻呂の娘・遠智娘。同母姉に大田皇女持統天皇がいる。

日本書紀』に「にして語ふこと能はず」とあり、言葉を話せなかったという。原因として、母・遠智娘が父・倉山田石川麻呂(皇子にとっては祖父)を中大兄皇子(天智天皇)に処刑され、悲しみのあまり狂乱した状態で出産したため、遠智娘の精神異常が皇子に影響したのではないか、という説がある。皇子を憐れんで祖母・斉明天皇は皇子をとても可愛がったと『日本書紀』に記載されており、「萬歳千秋の後に、要ず朕が陵に合せ葬れ」と言い、自分が崩御した際一緒に合葬せよと命じた。一般にはその遺言通り、現在は斉明天皇陵に埋葬されたとされているが、実は『日本書紀』には皇子の叔母・間人皇女と姉の大田皇女も埋葬されている記事がある(天智天皇6年2月戊午条)が、建皇子の埋葬に関する記述は存在していない。更にそもそもの話として、遠智娘は『日本書紀』大化5年3月条にある父の石川麻呂の死を知って憂死した皇太子(中大兄皇子)の妃・蘇我造媛と同一人物とされ、また憂死したのを遠智娘自身とする所伝(「蘇我石川系図」)もある。その説を認めた場合、彼女が事件の2年後に生まれたとされる建皇子の生母に成り得るのか?という疑問も存在する[1]。そのため、皇子自身の実在性も含めてこの逸話に対する疑問説もある[2]

血縁[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 笹川、2016年、P146-152
  2. ^ 笹川尚紀「『日本書紀』編修論序説」(初出:『史林』第95巻第5号(2012年)/笹川『日本書紀成立史攷』(塙書房、2016年)ISBN 978-4-8273-1281-2