大東亜聖戦大碑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯36度33分33.59秒 東経136度39分50.17秒 / 北緯36.5593306度 東経136.6639361度 / 36.5593306; 136.6639361

大東亜聖戦大碑
大東亜聖戦大碑と副碑

大東亜聖戦大碑(だいとうあせいせんたいひ)は、日本をまもる会(以下「まもる会」)[1]によって2000年(平成12年)8月4日石川護国神社の参道に建てられた石碑である。

「まもる会」内に事務局が設けられまた中心となって1996年(平成8年)末に「大東亜聖戦大碑建立委員会」を設立した。雑誌「正論」(産経新聞社発行)の意見広告(「大東亜聖戦大碑建立に赤誠を!!」)で基金拠出を呼びかけた。

大碑の表には「大東亜聖戦大碑」、裏には「八紘爲宇」と刻まれている。反戦団体などは「聖戦」の表記に反発し、戦争を美化するものとして撤去を要求している[2]

毎年、8月初めの日曜日に「まもる会」や石川護国神社大東亜聖戦大碑護持会大東亜青年塾などが主催し北国新聞社テレビ金沢エフエム石川が後援して大東亜聖戦祭が開催される。

2010年(平成22年)10月8日、大東亜聖戦大碑護持会などが、大碑の碑文の意義を若年層にも分かりやすく解説した副碑を設置[2]。10月11日に落慶記念式典が催された[3]

建立委員会[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]