大村市立黒木小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大村市立黒木小学校
過去の名称 第五大学区第三中学区黒木小学校
公立下等萱瀬小学校黒木分校
尋常黒木小学校
黒木尋常小学校
黒木尋常高等小学校
黒木尋常小学校(再)
萱瀬尋常高等小学校黒木分教場
萱瀬村国民学校黒木分教場
大村市萱瀬国民学校黒木分教場
大村市立萱瀬小学校黒木分校
国公私立の別 公立学校
設置者 大村市
設立年月日 1874年(明治7年)
共学・別学 男女共学
学期 2学期制
所在地 856-0012
長崎県大村市黒木町530番地

北緯32度58分52.8秒 東経130度2分2.6秒 / 北緯32.981333度 東経130.034056度 / 32.981333; 130.034056座標: 北緯32度58分52.8秒 東経130度2分2.6秒 / 北緯32.981333度 東経130.034056度 / 32.981333; 130.034056
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

大村市立黒木小学校(おおむらしりつ くろきしょうがっこう、Omura City Kuroki Elementary School)は、長崎県大村市黒木町にある公立小学校

概要[編集]

歴史
1874年明治7年)に創立。数回の改称・改編を経て、戦後の1948年昭和23年)4月に現校名となった。2009年平成21年)に創立135周年を迎えた。
校区
住所表記で長崎県大村市の後に「黒木町」が続く地域。中学校区は大村市立萱瀬中学校
校歌
作詞は福田清人、作曲は沖不可止による。4番まであり、各番に校名の「黒木」が登場する。

沿革[編集]

  • 1874年(明治7年)1月4日[1] - 黒木郷字以良椎(桑川内)に「第五大学区第三中学区黒木小学校」が開校。
  • 1883年(明治16年)4月1日 - 統合により「公立下等萱瀬小学校黒木分校」となる。
  • 1886年(明治19年)4月10日 - 小学校令の施行により、萱瀬小学校から分離し、「尋常黒木小学校」として独立。修業年限を4年とする。
  • 後に「黒木尋常小学校」に改称。
  • 1889年(明治22年)4月 - 町村制の施行により、萱瀬村立の小学校となる。
  • 1891年(明治24年)9月14日 - 洪水により校舎が流出。
  • 1894年(明治27年)9月 - 校舎が完成(復興)。完成までの間は民家を仮校舎としていた。
  • 1901年(明治34年)5月16日 - 高等科(修業年限2年)を併置し、「黒木尋常高等小学校」(尋常科4年・高等科2年)とする。
  • 1907年(明治40年)4月 - 義務教育期間が4年から6年に延長されたため、高等科が廃止され「黒木尋常小学校」(尋常科6年)に改称。
    • 旧・高等科1年が尋常科5年に、旧・高等科2年が尋常科6年に振り替えられる。
  • 1913年大正2年)4月15日 - 田下郷の民家を借用した形で萱瀬高等小学校(修業年限2年)が開校。
  • 1914年(大正3年)5月1日 - 萱瀬村内の小学校3校(萱瀬尋常小学校・黒木尋常小学校・萱瀬高等小学校)の統合により「萱瀬尋常高等小学校黒木分教場」となる。
  • 1924年(大正13年)5月 - へき地指定を受ける。
  • 1929年(昭和4年)3月26日 - 校舎を改築。
  • 1941年(昭和16年)4月1日 - 国民学校令の施行により、「萱瀬村国民学校黒木分教場」に改称。
  • 1942年(昭和17年)2月11日 - 大村市の発足により、「大村市萱瀬国民学校黒木分教場」に改称。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革(六・三制の実施)により、「大村市立萱瀬小学校黒木分校」となる。
  • 1948年(昭和23年)8月31日 - 大村市立萱瀬小学校から分離し、「大村市立黒木小学校」として独立。初代校長は寺井喜久馬。複式3学級。
  • 1949年(昭和24年)8月31日 - 台風により校舎が倒壊。
  • 1950年(昭和25年)
  • 1954年(昭和29年)
    • 3月 - 2教室を増築。
    • 5月1日 - 育友会が萱瀬地区育友会から分離し、黒木小育友会として独立。
  • 1969年(昭和44年)11月4日 - 学校給食を開始。
  • 1972年(昭和47年)9月1日 - プールが完成。
  • 1974年(昭和49年)2月7日 - 創立100周年記念式典を挙行。100周年記念碑、発祥地碑を建立。
  • 1977年(昭和52年)4月 - 給食が新設の中地区共同調理場で調理されることとなる。
  • 1978年(昭和53年)4月22日 - 鉄筋コンクリート造3階建ての新校舎が完成。
  • 1985年(昭和60年)3月30日 - 体育館が完成。
  • 1989年(平成元年)3月16日 - 交通安全標識を設置。
  • 1992年(平成4年)11月23日 - 移転のための新校舎用地造成を開始。
  • 1993年(平成5年)6月6日 - 新校舎建設を開始。
  • 1995年(平成7年)3月28日 - 移転新校舎、プールが完成。
  • 1998年(平成10年)
  • 1999年(平成11年)
  • 2001年(平成13年)
    • 2月16日 - パソコン室を設置。
    • 5月30日 - 学校評議員制度活用を開始。
    • 9月13日 - ALT(外国語指導助手)による英語授業を開始。
    • 10月10日 - 学校菜園が完成し、「ふれあい農園」と命名。
    • 10月11日 - 萱瀬ダム完成記念式典が挙行され、児童鼓笛隊が参加。
    • 11月16日 - 黒木太鼓部が創設される。
  • 2002年(平成14年)9月21日 - 浄化槽を設置。
  • 2003年(平成15年)4月1日 - 大村市初の特別転入学制度により、児童4名の新・転入学がある。
  • 2006年(平成18年)4月1日 - 市立小中学校で二学期制が導入される。
  • 2007年(平成19年)9月5日 - ふるさとふれあい学習の一環で壱岐市立箱崎小学校と交流。
  • 2010年(平成22年)8月 - 太陽光パネルを設置。
  • 2013年(平成25年)8月 - 大村市内の学校給食共同調理場が統合され、大村市小学校給食センターが新設される。
    • これにより、市立小学校すべての給食が1ヶ所で調理されることとなった。

アクセス[編集]

最寄りのバス停

最寄りの国道・県道

周辺[編集]

  • 萱瀬ダム
  • 黒木民宿キャンプ場

同名の小学校[編集]

参考資料[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2月とも。
[ヘルプ]

関連事項[編集]

外部リンク[編集]