大府市循環バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

大府市循環バス(おおぶしじゅんかんバス)は、愛知県大府市知多乗合に委託して運行しているコミュニティバスである。愛称は「ふれあいバス」。廃止された名鉄バス有松線(有松駅前~大府駅前)、前後線(前後駅前~大府駅前)の代替路線でもあり、それ以前は名鉄バスおよび大興タクシーが運行していた。

西ルート 吉川町1丁目バス停付近にて

歴史[編集]

  • 2000年平成12年)11月1日 - 東コース、中央コース、西コースの3路線で開設。
  • 2002年(平成14年)4月1日 - 一部ルート変更。
  • 2004年(平成16年)7月1日 - 運行委託を名鉄バスから大興タクシーに変更。
  • 2005年(平成17年)7月1日 - 中央コースを中央東コースと中央西コースに分離。4路線となる。
  • 2008年(平成20年)7月1日 - 70歳以上の市民の無料化、運休日の改正。
  • 2010年(平成22年)9月1日 - 月・水・金と火・木・土・日から左回りと右回りに変更。同時に運行委託を大興タクシーから知多乗合に変更。
  • 2014年(平成26年)6月1日 - 中央コースを増設。5路線となる。

ルート[編集]

  • 東コース
  • 北コース(旧中央東コース)
  • 西コース(旧中央西コース)
  • 南コース(旧西コース)
  • 中央コース
    • 正月三が日を除く毎日運行。

運賃[編集]

1乗車100円均一。

2008年7月1日より70歳以上の市民は無料(ただし福祉課窓口か公民館で申請し「ふれあいパス70」を受け取る必要がある)。

愛称について[編集]

  • 大府市循環バスの愛称は「ふれあいバス」だが、実際には一般公募の結果より、「くちなし」又は「くちなしバス」となることが決定していた。くちなしとは大府市の市花であるクチナシからであるが、一部の市民や議員より、「くちなしという言葉が差別になる」(「くちなし」→「口無し」という意味と思われる)という意見が出されたため、「ふれあいバス」に決定した。

外部リンク[編集]