大地主神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大地主神社
大地主神社
所在地 石川県七尾市山王町1-13
位置 北緯37度2分33秒
東経136度58分18秒
主祭神 大山咋神
素盞嗚尊
伊許保止命
社格 郷社
創建 奈良時代
本殿の様式 神明造
別名 山王神社
例祭 春祭: 4月15日
青柏祭5月14日
(現在は5月4日)
祇園祭7月14日
(現在は第二土曜日)
秋祭: 10月14日
赤良柏祭: 11月15日
テンプレートを表示

大地主神社(おおとこぬしじんじゃ)は、石川県七尾市に位置する神社である。

概要[編集]

七尾市最大の神社で 青柏祭祇園祭などの七尾市中心部の祭の拠点である。

歴史[編集]

奈良時代能登国の守護神として、山王社(日吉大社)の分霊勧請して創建。

明治15年(1882年)、山王社と祇園牛頭天王社(八坂神社から勧請)を統合し大地主神社と改称。

宮司[編集]

境内[編集]

  • 金毘羅神社
  • 道知神社
  • 鍛冶神社
  • 登口神社

祭事[編集]

周辺[編集]

交通アクセス[編集]

鉄道
JR西日本七尾線七尾駅下車、車で5分。
バス
北鉄能登バス: 「郡町」バス停下車、徒歩5分。

関連項目[編集]