大森重宜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大森重宜 Portal:陸上競技
選手情報
国籍 日本の旗 日本
競技 トラック競技
種目 400mハードル
生年月日 (1960-07-09) 1960年7月9日(57歳)
出身地 石川県七尾市
身長 185cm
体重 76kg
成績
オリンピック 400mH 予選2組5着 (1984年
4x400mR 準決勝1組8着 (84年)
世界選手権 400mH 予選3組6着 (1987年
地域大会決勝 アジア大会
400mH 2位 (1982年
4x400mR 優勝 (1982年)
国内大会決勝 日本選手権
400mH 優勝 (1981,82,85年)
自己ベスト
400m 47秒11 (1982年)
400mハードル 49秒74 (1982年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

大森 重宜(おおもり しげのり、1960年昭和35年)7月9日 - )は、日本神職陸上競技選手である。早稲田大学教育学部國學院大學文学部神道学科卒、日本体育大学大学院修士課程修了。

「世界一足の速い神主」と言われ、石川県七尾市にある大地主神社宮司である。

経歴・人物[編集]

1960年昭和35年)7月、石川県七尾市出身。七尾市立東部中学校に陸上競技を始め、中学時代は100mハードルで活躍。星稜高等学校に進学すると、110mジュニアハードル、400mハードル、五種競技を専門とする。

高校2年時には400mハードルでインターハイに出場。3年時には決勝進出を果たすも1台目で転倒(棄権せず完走)。NHKの中継で解説を務めていた渡部近志が「1台目で転倒はしたが将来が楽しみ」と語った。同年の日本選手権で高校生ながら5位入賞しジュニアオリンピックで初の全国制覇を果たす。

早稲田大学教育学部に進学すると共に、早稲田大学競走部に入り、400mハードルの選手として活躍、ロサンゼルスオリンピック日本代表選手に選出され、400m障害、4×400mリレーに出場した。

その後、実家の大地主神社を継承するべく國學院大學に入学し、神道を学んだ。一方ではコーチング理論を学ぶ為に日本体育大学大学院にも進んでいる。

現在は大地主神社宮司を務める傍ら、星稜女子短期大学教授(金沢星稜大学人間科学部教授就任)に就任し、コーチング論、レジャーレクリエーション論、スポーツ科学概論を担当している。陸上競技指導者としてはシドニーオリンピックアテネオリンピック陸上競技日本代表コーチを務めており、日本オリンピック委員会選手育成強化スタッフの一員としても活動している。

逸話[編集]

少年時代は「神主になりたくなかった」が、父親から「実家を継ぎたくないならオリンピックに出てみろ」と言われて早稲田大学に進学したという[1]

主要大会成績[編集]

『日本陸上競技連盟七十年史』(1995年)参考

  • 1979年
    • 日本選手権 400mH 5位 52秒69
  • 1980年
    • 日本選手権 400mH 3位 51秒51
  • 1981年
  • 1982年
    • 日本選手権 400mH 優勝 50秒68
    • アジア大会 400mH 2位 50秒83 / 4×400mR 優勝 3分06秒75(2走)
  • 1983年
    • ユニバーシアード 400mH 決勝途中棄権 / 4×400mR 予選1組4着 3分08秒89(3走、決勝は未出場)
    • 日本選手権 400mH 2位 50秒75
    • アジア選手権 400mH 2位 50秒69
  • 1984年
    • オリンピック 400mH 予選2組5着 50秒14 / 4×400mR 準決勝1組8着 3分10秒73(1走)
    • 日本選手権 400mH 3位 52秒11
  • 1987年
    • 日本選手権 400mH 2位 50秒35
    • アジア選手権 400mH 優勝 50秒09
    • 世界選手権 400mH 予選3組6着 51秒20
  • 1988年
    • 日本選手権 400mH 2位 51秒08
  • 1989年
    • 日本選手権 400mH 6位 52秒42

脚註[編集]

  1. ^ 金沢にいた!「私は世界最速の神主」 スポーツニッポン 2010年4月15日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]