大倉一郎 (土木工学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大倉 一郎
(おおくら いちろう)
生誕 日本の旗 島根県出雲市
国籍 日本の旗 日本
教育 大阪大学大学院
工学研究科修士課程修了
業績
専門分野 土木工学
勤務先 大阪大学
成果 アルミニウム合金
摩擦攪拌接合部の疲労の研究
アルミニウム合金板摩擦接合継手
フレッティング疲労の研究
接合位置を考慮した
アルミニウム合金板の
耐荷力の研究

大倉 一郎(おおくら いちろう)は、日本工学者アルミニウム構造学・繊維接着構造学・鋼構造学・橋工学)。学位工学博士大阪大学1985年)。大阪大学大学院工学研究科准教授、アルミニウム橋研究会技術委員長。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

島根県出雲市出身[1]大阪大学に入学し、工学部土木工学科にて学んだ[1][2]。1977年、大阪大学を卒業し、そのまま同大学の大学院に進学した[1][2]。大学院の工学研究科土木工学専攻にて学び、1979年に修士課程に修了した[1][2]。なお、のちに大阪大学より、工学博士の学位を授与されている[1][2]

研究者として[編集]

大阪大学大学院の修士課程を修了し、母校である大阪大学に採用され、工学部の助手として勤務する[1][3]。1988年、大阪大学にて、工学部の講師に昇任する[1][3]。同年、スイスローザンヌ工科大学にて、2ヶ月ほど客員研究員を務めた[1]。翌年、アメリカ合衆国リーハイ大学にて、1年ほど客員研究員を務めた[1]

1991年、大阪大学にて工学部の助教授に昇任した[1][3]。1998年には、大阪大学の大学院工学研究科の助教授に転じた[1][3]。2007年、大阪大学の大学院工学研究科にて准教授に就任した[3]。また、岡山大学の工学部や環境理工学部、および、大阪産業大学の工学部など、他大学でも非常勤の講師を務めた[3]

研究[編集]

専門は工学であり、特に土木工学材料工学といった分野に関する研究を行っている。具体的には、アルミニウム構造学、繊維接着構造学、鋼構造学、橋工学といった領域の研究を手掛けている[4]

一例としては、アルミニウム合金板について、摩擦攪拌接合部の疲労や、摩擦接合継手のフレッティング疲労、耐荷力についての研究を行っている[5]。これらの知見を応用し、アルミニウム床板を用いて、道路橋の開発に取り組んでいる[5]。また、アルミニウム橋研究会では、技術委員長を務めている[6]

人物[編集]

能楽文楽歌舞伎などの鑑賞を趣味とする[1]。また、愛猫家でもある[1]

略歴[編集]

著作[編集]

単著[編集]

共著[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 「プロフィール」『大倉一郎のプロフィール』。
  2. ^ a b c d 「学歴」『研究者詳細大阪大学
  3. ^ a b c d e f 「職歴」『研究者詳細大阪大学
  4. ^ 「教員」『研究者詳細大阪大学
  5. ^ a b 「研究内容」『研究者詳細大阪大学
  6. ^ 「アルミニウム橋研究会――メンバー」『アルミニウム橋研究会_メンバー』アルミニウム橋研究会。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]