多田三八郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
多田淡路守満頼(部分)
恵林寺蔵、松本楓湖筆。写真は白黒だが、実際は着色画)

多田 三八郎(ただ さんぱちろう、生年不詳 - 永禄6年(1563年))は、戦国時代武将甲斐武田氏家臣で足軽大将武田信虎武田信玄の2代に仕える。三八・三八郎、淡路守[1]は『寛永諸家系図伝』に拠れば「昌澄で」、『甲斐国志』人物部第五に拠れば「満頼」としているが、文書上からは確認されない[1]法名は宗樊。妻は不詳だが、『寛永諸家系図伝』に拠れば土屋昌続の妹とする説がある[2]。子は『甲陽軍鑑』に拠れば新蔵・久蔵、『寛永諸家系図伝』に拠れば新八郎(八右衛門)、昌俊とされる[1]。また、同じく武田家の足軽大将である治部左衛門も縁者と考えられている[1]。後代には武田の5名臣に含まれる。

略歴[編集]

摂津源氏一族の多田源氏後裔と称し、源頼光の孫の多田頼綱或は、源満仲の弟の源満季の子孫というが、系譜は詳らかではない。

甲陽軍鑑』に拠れば、美濃国の生まれで、弓矢修行のため甲斐国に渡り武田信虎に仕え足軽大将となったという[1]。晴信にも仕え、二十九の武功を挙げ、全身に二十七カ所のがあったする逸話を持つ[1]原虎胤横田高松小幡虎盛山本勘助とともに五人衆と称されたという[1]。預けられた足軽・同心数は不明[1]

現在の湯村温泉

確実な記録資料上においては、天文16年(1547年)8月の信濃国佐久郡志賀城攻めにおいて活動が見られ、関東管領・上杉憲政の援軍との小田井原の戦いにおいて板垣信方らと活躍している(『勝山記』)。翌天文17年(1548年)には信濃守護・小笠原長時との戦いにおいて信玄から感状を受けている[3]

『甲斐国志』においては、三八郎が信濃虚空蔵山砦(長野県上田市塩尻)を警護していた際に地獄の妖怪「火車鬼」を退治したという伝説や、山梨県甲府市湯村の湯村温泉天狗を倒した鬼の湯伝説が残っている[1]

永禄4年(1561年)の第4次川中島の戦いの頃は、既に病床にあり、自分の代わりに息子を参戦させている。その2年後の永禄6年(1563年)に病死[1]。長野県諏訪郡富士見町境には多田淡路守の居城とされる先達城が所在し、近在の常昌寺には墓所がある[1]

子孫の動向[編集]

『甲陽軍鑑』『甲斐国志』に拠れば、子息の新蔵は天正3年(1575年)の長篠の戦いで戦死し、昌俊は天正10年(1582年)に武田家滅亡に伴い殉死している[1]。一方、『寛永諸家系図伝』ではこれとは異なる説を載せ、長男の新八郎(八右衛門)は元亀元年(1570年)に病死し、新八郎の子息正吉(三八郎)が徳川家康に仕え旗本になったとしている[1]

また、次男の昌俊は武田家を出奔して相模国後北条氏に仕え、永禄10年(1567年)12月に武蔵国岩槻(埼玉県さいたま市岩槻区)で戦死したとしている[2]。さらに昌俊の子・昌綱は叔父にあたる武田家の譜代家老・土屋昌続(昌次)に養育され、子孫は徳川氏の旗本になったという[2]

各種系図[編集]

  • 『増澤系図』

多田氏政源頼政十三代後胤)-多田久政-多田久平(満頼)

  • 中田憲信編纂『諸系譜』

多田重国満重満継季満満氏満長満秀-多田貞弘(満頼)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 平山(2008)、p.329
  2. ^ a b c 平山(2008)、p.330
  3. ^ 『戦国遺文 武田氏編』 - 263号

参考文献[編集]

  •  平山優「多田三八郎」『新編武田信玄のすべて』新人物往来社、2008年

関連項目[編集]