志賀城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
志賀城
長野県
城郭構造 山城
築城主 不明
主な城主 笠原清繁
廃城年 天文15年(1546年)?
遺構 石積み、土塁
指定文化財 なし
位置 北緯36度15分11.1秒
東経138度31分52秒
座標: 北緯36度15分11.1秒 東経138度31分52秒

志賀城(しがじょう)は、長野県佐久市にあった日本の城

概要[編集]

志賀城の築城時期は不明である。 戦国時代笠原清繁が城主であった。 武田晴信佐久郡を完全に制圧するため、天文16年(1546年)志賀城を攻めた。笠原清繁は関東管領上杉憲政の援軍を頼みにしており、志賀城には上野国の武将、高田憲頼も援軍として入城していた。 また、武田軍が志賀城を囲んでから、更に上杉憲政の援軍が碓氷峠を越えて志賀城へ向かったが、晴信が派遣した板垣信方甘利虎泰横田高松らにより、小田井原の戦いで、上杉氏の援軍は壊滅させられた。

晴信は、志賀城の士気の低下を狙い、城の周りに首級三千を掛け並べさせたと伝えられている。

やがて城は落城し、笠原清繁、高田憲頼ら城兵300余りが戦死し、生け捕りになった者は奴隷労働者とされ、黒川金山などへ人身売買された。

城跡は雲興寺からアクセスできる。石垣などが残っている。また、城下には笠原清繁の首塚と伝えられる五輪塔が残っている。

関連項目[編集]