外村史郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

外村 史郎(そとむら しろう、1890年6月12日 - 1951年1月22日)は、ロシア文学者

経歴[編集]

福島県出身。本名・馬場哲哉。ロシア文学者・江川卓の父。早稲田大学でロシア文学を学び、はじめ本名でロシア文学の翻訳をするが、のち外村史郎の名で社会主義文学・芸術理論などを翻訳する。早大、東京外国語学校講師、外務省嘱託をへて1941年満州に渡る。敗戦後、シベリアに抑留され、そのまま客死した。

共編著[編集]

  • 『現代ロシヤ文学 現代哲学全集 第21巻』建設社 1937
  • 『ロシア語辞典』第一出版社 1946

翻訳[編集]

  • アレクセイ・レーミゾフ『十字架の姉妹』馬場哲哉訳 新潮社(現代露西亜文芸叢書) 1924
  • アルツィバーシェフ『作者の感想』馬場哲哉訳 人文会(泰西随筆選集 第1) 1924
  • ザイツエフ『遠い国』馬場哲哉訳 春陽堂 1925
  • アルツイバーシェフ『永遠の幻影』馬場哲哉訳 人文会出版部 1925
  • 『愛の書簡 トルストイ遺稿』ソフイヤ夫人編 馬場哲哉訳 人文会出版部 1926
  • ツルゲニエフ『貴族の家 文芸に現れたる泰西の代表的女性 1』馬場哲哉訳 世界文献刊行会(世界婦人文献)1926
  • プレハーノフ』わが批判者の批判』叢文閣 1927
  • 『露國共産黨の文藝政策』蔵原惟人共訳 南宋書院 1927
  • ルナチヤールスキイ『芸術の社会的基礎』マルクス主義芸術理論叢書 叢文閣 1928
  • ブハーリン『ベーム・バウエルクの主観的価値論』スターリン・ブハーリン著作集 第4巻 スターリン・ブハーリン著作集刊行会 1928
  • プレハーノフ『藝術論』叢文閣 マルクス主義藝術理論叢書 1928
  • ポクローフスキイ『ロシヤ社会史』第1,2 叢文閣 1929
  • ゴーリキイ全集 第17巻 私の大学・回想』蔵原惟人共訳 改造社 1930
  • プレハーノフ『文学論』マルクス主義芸術理論叢書 叢文閣 1930
  • フリーチエ『欧洲文学発達史』鉄塔書院(マルクス主義芸術史叢書)1930
  • ルナチャルスキー『マルクス主義芸術理論』叢文閣 1931
  • マーツア『理論芸術学概論』鉄塔書院 1931
  • 『ゴーリキイ全集 第18巻 隠遁者 他八篇』改造社 1931
  • シヨーロホフ『静かなるドン』全3巻 鉄塔書院(ソヴエート作家叢書) 1931
  • キルポーチン、ルナチヤルスキー、ゴーリキイ、ファヂェーエフ、キルシヨン、ラーヂン、ワシリコフスキー、グロンスキー『社会主義的レアリズムの問題 ソヴエート同盟に於ける創作方法の再討議』文化集團社 1933
  • 『文学は如何なる道に進むべきか ソヴエート作家大会に於ける報告及討論』田村三造共訳 橘書店 1934
  • マルクスエンゲルス『芸術論』改造社 1935
  • フアヂエーエフ『ウデゲ族の最後の者』杉三郎共訳 現代ソヴェト文学全集 第4巻 三笠書房 1935
  • 『貧しき人々 ドストイエフスキイ全集 第1巻』三笠書房 1935
  • ローゼンタール『生活及び文学に於ける「典型的諸性格」』文化集団社(文芸科学講座)1935
  • マクシム・ゴーリキイ『回想』改造文庫 1936
  • 『ゴーリキー全集 第5巻 民族詩・随筆・日記・書簡・伝記』(平井肇共訳)改造社 1937