ミハイル・アルツィバーシェフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ミハイル・ペトローヴィチ・アルツィバーシェフМихаил Петрович Арцыбашев1878年11月5日/ユリウス暦10月24日 - 1927年3月3日)は、19世紀後半から20世紀前半のロシア文壇を代表する作家である。タデウシュ・コシチュシュコの曾孫にあたる人物でもある。

ミハイル・ペトローヴィチ・アルツィバーシェフ
誕生 1878年11月5日/ユリウス暦10月24日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国ハリコフ州アフティルスキー郡Доброславовка村
死没 (1927-03-03) 1927年3月3日(48歳没)
ポーランドの旗 ポーランド共和国ワルシャワ
職業 小説家劇作家脚本家
言語 ロシア語
活動期間 1894年 - 1927年
文学活動 近代主義
代表作ランデの死』(1904年)
サーニン』(1907年)
最後の一線』(1911年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
ミハイル・アルツィバーシェフ

近代主義小説の代表的作品で、性欲賛美をした『サーニン』やその続編となる、自殺賛美をした『最後の一線』が有名である。

特に『サーニン』は当時の若い世代を中心に一世風靡し、「サーニズム」という言葉まで生んだ。

他に『ランデの死』、『人間の波』などの作品がある。

また、筒井康隆が少年時代の愛読書のひとつに挙げている。

おもなビブリオグラフィ[編集]

外部リンク[編集]