平井肇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

平井 肇(ひらい はじめ、1896年5月17日 - 1946年7月7日)は、日本ロシア文学者翻訳家岐阜県出身[1]

早稲田大学文学部露文科第一期生として、片上伸昇曙夢らの指導を受けるが、入学から3年で中退。かねて親交のあった貴司山治の働き掛けでロシア文学の翻訳を始め、後にゴーゴリの翻訳者として知名度を高め、現在もゴーゴリ作品の名訳者として知られている。

『死せる魂』の邦訳版を上梓後は満州国に移住し、南満州鉄道にて嘱託社員として勤務する傍ら、『東方評論』の編集に携わったが、終戦直後の1946年に滞在先のハルビンで病没。

翻訳書[編集]

  • 『ゴオゴリ全集 第1 デイカーニカ近郷夜話』 (ナウカ社 1934年、のち岩波文庫
  • 『ゴオゴリ全集 第2 ミルゴーロド』 (ナウカ社 1934年)
  • 『伊太利物語』 マキシム・ゴォリキイ (改造文庫 1936年)
  • 『二つの魂・余計者』 ノヴィコフ=プリボイ (改造文庫 1936年)
  • 『肖像画・馬車』 ゴーゴリ (岩波文庫 1937年)
  • 『プウシキン全集 第5巻 民族詩・随筆・日記・書簡・伝記・年譜』(外村史郎共訳、改造社 1937年)
  • 『密航』 ノヴィコフ=プリボイ (改造文庫 1937年)
  • 狂人日記』 ゴーゴリ (岩波文庫 1937年)
  • 外套』 ゴーゴリ (岩波文庫 1938年)
  • 死せる魂』 ゴーゴリ (岩波文庫 1938年 - 1939年)
  • 『動物の四季』 ヴェ・トボリャコフ (大連日日新聞社 1943年8月(東亜文庫))
  • 『タラス・ブーリバ』 ゴーゴリ (角川文庫 1949年) のち『隊長ブーリバ』に改題

脚注[編集]

  1. ^ 平井 肇(ヒライ ハジメ)とは - コトバンク

外部リンク[編集]