夏色転校生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

夏色転校生」(なついろてんこうせい)は『薔薇族1983年10月号に掲載された山川純一の一話完結の漫画である。

あらすじ[編集]

高校一年生の川口光男は、中学のときに転校し、その後同じ高校に編入してきた先輩、土屋剛に密かな恋心を抱いているが、学校の番長との性的関係を断ちきれずに悩んでいた。自分は汚れているのだと思い詰めた川口は、土屋を避けるようになってしまう。事情を知った土屋は、校舎裏で川口と番長らを発見すると、川口に思いを告白し、川口を取り戻すべく番長と対決する。最後は土屋が一方的に殴られる展開となるが、川口が身を挺して止めに入り、番長が手を引くことで決着。二人きりになった校舎裏で川口と土屋は二人の愛を確かめ合った。

登場人物[編集]

川口光男(かわぐち みつお)
とある高校一年生。ゲイ。土屋とは幼馴染であり、幼少の頃から好き。番長との和姦後、彼らに輪姦される。
土屋剛(つちや たけし[1]
とある高校生であり、川口の先輩。中学時代はバスケットボール部部長で、その頃からインキンに悩んでいる。喧嘩も強い。逆上した番長に金的を受ける。
番長とその手下
ホモな男たち。川口の懇願&土屋の殴りがいのある金玉に感銘を受け、川口から手を引いた。その後、番長は殴った土屋からインキンが移ったらしく、手の痒みに悩む。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「つよし」もしくは「ごう」の可能性もあり