くそみそテクニック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

くそみそテクニック』とは、山川純一による日本の漫画作品である。『薔薇族1987年漫画増刊『バラコミ』2号に掲載された。

概要[編集]

とある男子予備校生の「初めてのハッテン場体験」をテーマにしたモノクロ16ページの読み切り作品である。山川作品としては比較的後期の作品にあたる。

1987年に初めて発表されて以降10年以上の年月を経て、2002年ごろからあやしいわーるどなどのネット掲示板で作品の1ページをスキャンした画像が出回り、翌2003年にはふたば☆ちゃんねるにて作品がアップロードされ話題となる。さらに2ちゃんねるなどへ飛び火し、作中の台詞「ウホッ! いい男…」「やらないか」などの台詞が「ヤマジュン語」として、一部のネットユーザなどの間でブームとなった。

2004年に復刻された作品集『ウホッ!!いい男たち ヤマジュン・パーフェクト』で本作の登場人物が表紙絵として使用されたほか、2007年放送のTBS系列の番組『個人授業II』でも紹介されている。

本作の台詞はインターネットミームとして定着し、2ちゃんねるなどで頻繁に使用されている。また二次創作も活発に行われており、小説アニメ朗読ダンスコラージュなどの作品が多数製作されている。2008年11月には「やらないかTシャツ」も発売され、限定品ながら即完売となった[1]

あらすじ[編集]

予備校からの帰宅途中に尿意を催した道下正樹は、公園の公衆トイレを目指して急いでいたが、その近くのベンチに座っていたイケメン男性・阿部高和を一目見て思わず欲情する。阿部は突然ツナギのホックを外し始め[2]、自らの陰茎を道下に見せ付け誘うのだった。突如、このトイレが有名なハッテン場であったことが道下の脳裏をよぎった……。

阿部に誘われるままにトイレの個室に連れ込まれて全裸にされた道下は、口技により射精寸前まで導かれた所で尿意を思い出す。すると阿部は自らの肛門内で放尿するよう命じ、自らも全裸になり道下を促す。戸惑う道下だったが、阿部の臀部の格好の良さに感じ、意を決して背後から阿部の肛門に陰茎を挿入し、放尿し終えるとともにオーガズムに達する。

直腸に注入された尿を排出した阿部は、自らの陰茎[3]が大きいことを道下に確認させると、有無を言わさず道下の肛門に陰茎を挿入する。しかし道下は便意を訴え……。

便意を訴える道下に阿部がツッコミを入れるシーンで物語は終わっている。

登場人物[編集]

※「演」の記述は、実写版。

道下正樹(みちした まさき)
演 - 琥珀うた[4]
主人公。予備校生であり、ゲイ(※自覚あり)。ハッテン場でのホモ・セックスは未経験であるにもかかわらず、尿意さえも忘れて阿部のあとに付いて行く。物語は彼の回想で進められる。
阿部高和(あべ たかかず)
演 - 澤村レイコ[4]
自動車修理工。ツナギを下着を着けずに袖まくりで着ている。若く、ちょっとワルっぽい、いい男。ホモ・セックスの熟練者であり、ノンケでも構わず肉体関係を持つことができる。巨根[3]
性格は大胆で、やったこともないような特殊なプレイでも思いついたら物怖じせずにどんどんやってみるタイプである。道下との間では終始余裕の態度で彼をリードしてやり、自らは作中では一度も射精しなかった。
男性
最後のワンシーンに突然現れたスーツ姿の中年の男性。顔を赤らめ、道下と阿部の声が聞こえてくるトイレの個室の方に目線をやっている。顔が赤いのは、単に飲酒していたせいなのか、それとも二人の行為に気付いたためなのかは不明である。

台詞[編集]

「ウホッ! いい男…」
道下の阿部に対する第一印象。この言葉はインターネット上で人気となり、のちに発刊された作品集のタイトルにも用いられた。作中では「いい男」「イイ男」など、表記に若干のぶれがある。
「やらないか」
阿部が自身の陰茎を見せつけながら道下を誘うときの台詞。語尾に疑問符は付けない。
『薔薇族』初代編集長の伊藤文學は、この台詞を「皆が行動を起こせ!という呼びかけの言葉」[5]ととらえ、語尾に感嘆符を付けて自著のタイトルに使用した[6]
「すごく…大きいです…」
阿部から陰茎[3]を見た感想を求められた道下の一言。
「腹ン中がパンパンだぜ」
道下が阿部の直腸に小便をしたあとに、阿部がその尿を出しながら言った一言。
「しーましェーん!!」
道下が便意を催した時、阿部に「お前、俺をバキュームカーとまちがえてんじゃねえのか!?」と問われた時に道下が言った一言。“すいません!”と言ったつもりが呂律が回らなかったものと思われる。

実写版[編集]

MOODYZによるアダルトビデオ版が製作され、2012年8月13日に発売された[7][4]

関連項目[編集]

  • じょしらく - アニメ版第7話にて冒頭のシーンが映像化。台詞は付けられていない。[8]

脚注[編集]

  1. ^ ついに「やらないかTシャツ」が販売開始、衝撃の写真レポート『GIGAZINE』2008年11月17日 12時22分00秒更新
  2. ^ 厳密にはホックを外したあとに股間のファスナーを下げている。
  3. ^ a b c 台詞ではキンタマとある。
  4. ^ a b c 原作では男だが、実写版では女である
  5. ^ 伊藤文學 (2009年3月23日). “山川純一、劇画の名セリフ「やらないか!」を声を大にして叫ぼう!” (日本語). 伊藤文学のひとりごと. 2011年11月6日閲覧。
  6. ^ 伊藤文學 (2010年10月11日). “ヤマジュンの「やらないか!」をタイトルに!” (日本語). 伊藤文学のひとりごと. 2011年11月6日閲覧。
  7. ^ MOODYZ. “くそみそテクニック”. 2012年8月18日閲覧。
  8. ^ 日刊テラフォー. “【アニメ】「じょしらく」第7話「やんきいつきじなくそみそてくにっく」(ネタばれ注意)”. 2012年8月21日閲覧。