堀内林平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
堀内林平

堀内 林平(ほりうち りんぺい、1887年明治20年)1月11日[1] - 没年不詳)は、台湾総督府官僚台南市尹東京市区長

経歴[編集]

長野県小県郡青木村出身[2]1913年大正2年)、東京高等師範学校を卒業[3]長野県師範学校教諭を務めた後、文部省大臣官房秘書課に勤務した[2]1920年大正9年)10月、高等試験行政科に合格[2][4]1921年(大正10年)、台湾総督府に入り、新竹州教育課長、台南州教育課長、同地方課長、同水利課長、台南市尹[2]高雄州内務部長を歴任した[3]

退官後、1933年(昭和8年)に東京市に入って主事となり、駒込病院事務長、産業局庶務課長を務めた[3]。さらに向島区長となり、1940年(昭和15年)に大森区長に転じた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 大衆人事録 1943.
  2. ^ a b c d 自治制度改正十周年紀念人物史 1931, p. 台南州4.
  3. ^ a b c 人事興信録 1937.
  4. ^ 『日本官僚制総合事典1868-2000』第2版、228頁。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典1868-2000』第2版、東京大学出版会、2007年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第14版』帝国秘密探偵社、1943年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第11版(下)』人事興信所、1937年。
  • 原幹次郎編『自治制度改正十周年紀念人物史』勤労と富源社、1931年。
公職
先代:
遠藤所六
台南市尹
1930年 - 1931年
次代:
菱村彦十郎