小柏丑二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小柏 丑二(こかしわ うしじ、1889年明治22年)6月3日 - 没年不詳)は、東京市区長教育者

経歴[編集]

石川県金沢市出身。1915年大正4年)、東京帝国大学文科大学国文科を卒業。広陵中学校教諭を務めた後、1919年(大正8年)に島根県立杵築中学校教諭となった。1922年(大正11年)、福岡高等学校教授に就任。1923年(大正12年)、群馬県立沼田中学校校長に転じ、1930年(昭和5年)からは岐阜県岐阜中学校校長を務めた。

1934年(昭和9年)、東京市に入り、教育局視学課長、同学務課長を歴任した。1939年(昭和14年)から本所区長に転じ、東京市本所高等実践女学校の校長事務取扱などを務めた[1]

戦後は新宿区教育委員長を務めた[2]

脚注[編集]

  1. ^ 学校沿革”. 東京都立本所高等学校. 2019年8月16日閲覧。
  2. ^ 『新宿区史』新宿区、1955年、p.1060。

参考文献[編集]

  • 日本官界情報社編『日本官界名鑑 昭和十五年版』日本官界情報社、1940年。