城生城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
城生城
富山県
城生城 本丸を取り巻く空堀跡
城生城 本丸を取り巻く空堀跡
別名 蛇尾城
城郭構造 山城
築城主 斎藤常喜
築城年 南北朝時代
主な改修者 佐々成政
主な城主 斎藤氏佐々氏前田氏
廃城年 慶長5年(1600年)以降
遺構 曲輪土塁、空堀切切岸、見張り台、虎口、馬出し、土橋
指定文化財 富山市指定史跡
位置 富山県富山市八尾町城生字城鉄炮町
地図
城生城の位置(富山県内)
城生城
城生城

城生城(じょうのじょう)は、富山県富山市八尾町城生字城鉄炮町にあった日本の城。市史跡[1]蛇尾城とも云う。

規模[編集]

神通川西岸にある独立した丘陵全体に築かれた山城。佇まいは軍艦を連想させる。城域は南北約750メートル、東西約150メートル。丘陵の標高は124メートル(比高差は約50メートル)。東は神通川、西から北は土川と、南を除く三方に天然のを有する。さらに北端には堀切があり、その向こうは高さにして40メートルはあろうかという崖によって遮断されている。

南に大手口があり、土橋、馬出し、石積みを備えた二重の虎口を設け、うねるように連なる郭群には空堀、土塁が巡らされているなど、城域南部は非常に堅固な作りとなっている。恐らくは佐々成政によって大規模な改修が施されたものと思われる。中央に位置する主郭は周囲より約10mほど高く、北を除く三方は切岸、大きな空堀に囲まれている。一方北部は広大な平坦地であり、居住施設や物資の備蓄に使用されたと見られ、長期の籠城戦にも対応できるようになっていた。

飛騨街道に面しており、飛騨国から富山平野に向かう者は必ずといっていいほどこの地を通過せねばならなかった。また神通川の水運にも影響を与えていたと思われる。

歴史[編集]

越中国婦負郡南部を支配した斎藤氏の居城である。斎藤氏は藤原利仁の流れを汲むと言われているが、確証を得ない。平盛嗣(越中次郎兵衛盛嗣)の後裔であるという意見もある。南北朝時代斎藤左衛門大夫入道常喜北朝方に属して功を挙げ、足利尊氏より越中国楡原保を与えられた(『仁和寺文書』)のが史料における斎藤氏の初見である。恐らくはこのころに築城されたものと思われる。

戦国時代になるとこの地は飛騨勢の北進を防ぐ拠点として、また飛騨越中間の交易の拠点として各勢力より重要視された。越後国守護代長尾為景の要請に応えて飛騨口を守備したり、また越中国守護代で富山城神保長職や越中国願海寺城寺崎盛永、飛騨国人で北進を続けて越中国猿倉城主となっていた塩屋秋貞に攻められたりしている。

天正年間には上杉謙信の配下となっていたが、やがて謙信が死去。城生城主斎藤信利は弟の信吉と共に織田信長へ誼を通じ、信吉が上杉方の越中国今泉城を落城させるなど織田方の越中進出に積極的に協力した。しかし数年後には再び上杉景勝に接近、織田方へ反旗を翻す。越中国を治めていた成政はこれを攻め、1年余りに及ぶ籠城戦の末、落城。成政は家臣の佐々与左衛門に1万石を与えて城生城を守備させた。

富山の役により成政が降伏した後は前田利長の持ち城となり、家臣の青山吉次が入った。吉次が越中国魚津城へと移った後には越中国今石動城篠島清了が入ったと言うが、このとき清了は今石動城代の任を解かれていないと思われ、また両城の距離も離れているなど疑問が残る。関ヶ原の戦いに関連した一時的なものではなかろうか。少なくともこの後さして日を置かずに廃城となったと思われる。

逸話[編集]

成政が城生城を落とした後、井戸山の水を飲んだ者は腹痛を起こすようになったと言われている。これは攻防戦で亡くなった者の祟りであると伝えられている。

現在[編集]

城の南端が土砂採掘のために削られてはいるものの、それ以外はほほ完璧な形で残されており、非常に見応えのある城跡である。地元の住民による整備も行き届いており、案内板も見やすく丁寧である。見晴らしも素晴らしい。周辺には斎藤氏と協力して成政に反発し、結果神保氏張に攻め落とされた一向一揆の拠点、聞名寺があるが、周囲を石垣で囲ったその佇まいは城郭伽藍を想起させるに充分である。そしてこの寺の御正忌法要では氏張に攻略されたことに因んだ、他寺には見られないある「決まり」がある。

斉藤氏と佐々成政の争いに際し、聞名寺は越中・飛騨・美濃までの門徒を招集して斉藤氏に味方した。佐々方の武将神保氏張は街道に関所を設けて門徒の集結を遮断した。寺の北方に人形や篝火を大量に設置し、あたかも大軍が北方より攻め寄せる風に仕立てた上で、寺で親鸞の命日祭である御正忌法要が営まわれている時を狙い、寺の南東の城ヶ山から急襲した。読経の最中であった住職は猛烈なスピードで読経を終えると、寺宝の親鸞聖人像を持って、井波方面に逃げたと伝わる。

この伝説からか、現在でも同寺の御正忌法要では平時より早く読経し、住職は途中から参加して、すぐに無言で途中退席する慣例となっている。

脚注[編集]

  1. ^ 「城生城跡」富山市公式HP

関連項目[編集]