富山平野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
富山平野の地形図

富山平野(とやまへいや)は、富山県の中央部に富山湾に面して広がる沖積平野である。

地理[編集]

富山平野

東を飛騨山脈、南を飛騨高地、西を宝達丘陵に区切られる。飛騨山脈、飛騨高地からの急流によって形成された平野で、谷口部では複数の河川による複合扇状地が見られる。用水が発達しており、流水客土などによる土地改良によって扇状地部分も含めて水田地帯となっている。また、臨海部は工業地域として発展している。

富山平野は中央部にある呉羽丘陵で大きく二分され、東側を呉東平野、西側を呉西平野という。さらに、東側のうち神通川及び常願寺川の流域を狭義の富山平野黒部川片貝川及び早月川の流域を新川平野という。西側は庄川及び小矢部川によって形成された平野であり、中流域を砺波平野、下流域を射水平野という。砺波平野は散居村で知られている。