坂本森一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
坂本森一

坂本 森一(さかもと しんいち、1883年明治16年)1月7日[1]1947年昭和22年)9月18日)は、内務官僚函館市長

経歴[編集]

坂本勝太郎の長男として東京府に生まれる。1909年(明治42年)、東京帝国大学法科大学を卒業し、翌年に文官高等試験に合格。1911年(明治44年)より群馬県警部利根郡長、佐波郡長、群馬県理事官を務めた。さらに岐阜県警察部長、兵庫県警察部長、大阪府警察部長、愛知県内務部長を歴任し、1924年大正13年)には台湾総督府警務局長に就任した。

1929年(昭和4年)、函館市長に選出され、市の長年の懸案であった函館水電買収問題に取り組んだが、最終的な解決には至らなかった[2]1934年(昭和9年)、函館大火が発生すると復興に尽力した。1935年(昭和10年)には函館開港77周年を記念して港まつりを開催した[2]

1946年(昭和21年)、地方自治法施行前ではあるが公選によって行われた選挙で再び市長に選出され[3]、翌年の地方自治法施行に伴う市長選挙でも三度選出された。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『人事興信録』
  2. ^ a b 『函館市誌』
  3. ^ 功刀俊洋「1946年の市長公選運動」『行政社会論集』第8巻第2号~第10巻第2号、福島大学行政社会学会、1996年~1998年。地方自治法施行前のため内務大臣の資格審査を経て同大臣から任命を受けている(『函館市史』通説編第4巻、2002年、137-141頁)。
  4. ^ 『官報』第3707号「叙任及辞令」1924年12月29日。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編 『人事興信録 第10版(下)』 人事興信所、1934年
  • 『函館市誌』 函館日日新聞社、1935年


公職
先代:
木村英俊
Symbol of Hakodate, Hokkaido.svg 函館市長
官選4代:1929年 - 1937年
次代:
斎藤与一郎
先代:
登坂良作
Symbol of Hakodate, Hokkaido.svg 函館市長
官選7代:1946年 - 1947年
次代:
-
先代:
-
Symbol of Hakodate, Hokkaido.svg 函館市長
公選初代:1947年
次代:
宗藤大陸