圦本尚義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゆりもと ひさよし
圦本 尚義
生誕 (1958-03-12) 1958年3月12日(63歳)
日本の旗 和歌山県
研究分野 地球科学
惑星科学
研究機関 北海道大学
出身校 筑波大学
主な業績 小惑星イトカワサンプルの解析
はやぶさミッション
同位体顕微鏡の開発
主な受賞歴 レオナード・メダル(2019)
紫綬褒章(2020)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

圦本 尚義(ゆりもと ひさよし、1958年(昭和33年)3月12日 - )は日本の惑星科学者。理学博士(筑波大学)。北海道大学大学院理学研究院教授、元日本地球化学会会長。

隕石の研究のため開発した同位体顕微鏡[1]と、それを用いた太陽系の起原や進化に関する研究で知られる。レオナード・メダル紫綬褒章受章。

来歴[編集]

和歌山県出身[1][2][3][4][5][6]1980年筑波大学第一学群自然学類を卒業[7]、引き続き大学院に進み、1985年に筑波大学大学院博士課程地球科学研究科を修了[7][8]。 博士論文は"Anion and cation partitioning between rock-forming mineral phases"(「造岩鉱物相間の陽イオンと陰イオンの元素分配」)[9][10]
同年、日本学術振興会奨励研究員となる[7][11]1986年、筑波大学助手となり[7][8][11]1992年講師となる[7][11]。 この間、1989年にはサウスダコタ鉱業技術大学英語版シニア研究員を務めた[11]
1994年東京工業大学助教授[7][8][11]1998年より大学院助教授[11])を経て、2005年北海道大学大学院教授に就任した[7][8][11]
2016年日本地球化学会会長[12]。同年3月から2020年2月までJAXA宇宙科学研究所特任教授として、同研究所の地球外物質研究グループ長も務めていた[3][4][5][11][13][14]

受賞・受章[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c “信じて歩んだ道 誇りに*春の褒章”. 北海道新聞. (2020年4月28日) 
  2. ^ “圦本尚義教授(北大大学院)故郷かわべ天文公園で初講演”. 紀州新聞. (2018年12月5日). https://blog.goo.ne.jp/ks-press/e/bbdb9ea8f311375a0ac011b0a4bc5b0e 
  3. ^ a b c 理学研究院 圦本尚義教授が紫綬褒章を受章(前編:インタビュー)”. 北海道大学 (2020年4月28日). 2020年5月1日閲覧。
  4. ^ a b c 地球惑星科学部門 圦本尚義教授が紫綬褒章を受章”. 北海道大学理学部 (2020年4月28日). 2020年5月1日閲覧。
  5. ^ a b c 地球惑星科学部門 圦本尚義教授が紫綬褒章を受章”. 北海道大学大学院理学研究院 (2020年4月28日). 2020年5月1日閲覧。
  6. ^ a b “春の褒章660人22団体*道内28人*北大・圦本教授ら”. 北海道新聞. (2020年4月28日) 
  7. ^ a b c d e f g 圦本尚義”. 北海道大学大学院理学研究院. 2020年5月1日閲覧。
  8. ^ a b c d e f 圦本尚義(研究者総覧)”. 北海道大学. 2020年5月1日閲覧。
  9. ^ Anion and cation partitioning between rock-forming mineral phases - CiNii Dissertations
  10. ^ Anion and cation partitioning between rock-forming mineral phases - NDL ONLINE
  11. ^ a b c d e f g h JpGUフェロー 圦本 尚義(Hisayoshi Yurimoto)先生”. 公益社団法人日本地球惑星科学連合. 2020年5月1日閲覧。
  12. ^ 日本地球化学会役員”. 一般財団法人日本地球化学会. 2020年7月9日閲覧。
  13. ^ “クローズアップ:はやぶさ2 地下物質採取 46億年の謎、肉薄”. 毎日新聞. (2019年7月12日) 
  14. ^ 中島林彦「はやぶさ微粒子が語る波乱の小惑星史」『日経サイエンス』第46巻第10号、株式会社 日経サイエンス、2016年10月、 60-67頁、 NAID 40020943393
  15. ^ Leonard Medalists”. The Meteoritical Society. 2020年5月1日閲覧。
  16. ^ 地球惑星科学部門 圦本尚義教授が国際隕石学会よりレオナード・メダルを授与されました。”. 北海道大学大学院理学研究院 (2019年7月16日). 2020年5月1日閲覧。
  17. ^ 圦本尚義教授が国際隕石学会よりレオナード・メダルを授与されました”. 北海道大学理学部地球惑星科学科 (2019年7月16日). 2020年5月1日閲覧。
  18. ^ “春の褒章 660人22団体”. 読売新聞. (2020年4月28日) 


関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
川幡穂高
日本地球化学会会長
2016年 - 2017年
次代:
益田晴恵