土岐哲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

土岐 哲(とき さとし、1946年3月3日 - 2011年6月23日[1])は、日本言語学音声学日本語教育学者。

略歴[編集]

青森県西津軽郡深浦町出身。早稲田大学文学部日本文学科卒業。東海大学講師、同助教授名古屋大学助教授、大阪大学文学部助教授、文学研究科教授2009年定年退任、名誉教授、京都外国語大学教授。2009年「日本語教育からの音声研究」で阪大文学博士現代日本語音声学的研究、日本語学習者の音声教育などを研究した。

2011年6月23日、東京都千代田区の病院で死去。65歳没[1]

著書[編集]

  • 『日本語教育からの音声研究』ひつじ書房 シリーズ言語学と言語教育 2010

共著[編集]

記念論文集
  • 『日本語の教育から研究へ』土岐哲先生還暦記念論文集編集委員会編 くろしお出版 2006

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 時事ドットコム:土岐哲氏死去(大阪大名誉教授・日本語教育学)