土屋喜正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
土屋喜正
時代 江戸時代後期 - 明治時代初期
生誕 文化10年(1813年
死没 明治22年(1889年
別名 馬之丞(通称
幕府 江戸幕府書院番士、御進発御供
主君 徳川慶喜
氏族 土屋氏
父母 父:土屋正典、母:不明
テンプレートを表示

土屋 喜正(つちや よしまさ)は、江戸時代後期から幕末にかけての旗本。土屋家の第10代当主。

生涯[編集]

土屋正典の長男。天保6年(1835年)、正典の死後、23歳で相続する。その後書院番士となる。慶応4年(1868年)に大願主として、八木原五右衛門、大熊伊兵衛ら6名が世話人となり、平戸弁天(いぼ弁天)を再建した。明治維新後の秩禄処分により知行所を失い、政府から一時金を貰って旧領の大谷口村に土着した。

参考文献[編集]

  • 松戸市史 史料編(一)〔大熊家文書〕
  • 松戸市史〈下巻 第1〉明治編 (1964年) ・ 中巻〔近世〕
  • 寛政重修諸家譜』巻第五百五十一
  • 大倉邦夫自伝 : 希望に向かいて 出版社 大倉邦夫自伝刊行会
先代:
土屋正典
土屋家第10代当主
土屋喜正
次代: