園基顕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
園基顕
時代 鎌倉時代中期 - 後期
生誕 暦仁元年(1238年
死没 文保2年12月26日1319年1月18日
改名 基世(初名)→基顕
官位 正二位参議右衛門督
主君 四条天皇後嵯峨天皇後深草天皇亀山天皇後宇多天皇伏見天皇後伏見天皇後二条天皇花園天皇後醍醐天皇
氏族 藤原北家中御門流園家
父母 父:園基氏、母:藤原隆忠の娘
兄弟 基有基重基顕西園寺公相室、言性、一条実経室、花山院通雅
明清法印の娘
基兼基藤為中光仲久我長通
テンプレートを表示

園 基顕(その もとあき)は、鎌倉時代中期から後期にかけての公卿参議園基氏の子。母は左大臣藤原隆忠の娘。初名は基世。官位正二位参議右衛門督園家2代当主。父・基氏が若くして辞官出家したため、基顕は昇進が遅く苦労した。

経歴[編集]

以下、『公卿補任』と『尊卑分脈』の内容に従って記述する。

脚注[編集]

  1. ^ この時、基世。
  2. ^ この時、基顕と改名。
  3. ^ 安嘉門院当年御給。
  4. ^ 室町院建長6年御給。
  5. ^ 大宮院御分。
  6. ^ 室町院当年御給。
  7. ^ 院御分。

出典[編集]

先代:
園基氏
園家
2代
次代:
園基藤