園基藤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
園基藤
時代 鎌倉時代後期
生誕 建治2年(1276年
死没 正和5年7月4日1316年7月23日
改名 基定(初名)→基藤→寂玄(法名)
官位 従二位権中納言右衛門督検非違使別当
主君 後宇多天皇伏見天皇後伏見天皇後二条天皇花園天皇
氏族 藤原北家中御門流園家
父母 父:園基顕、母:明清法印の娘
兄弟 基兼基藤為中光仲久我長通
昭訓門院大夫局、橋本実俊の娘
基成基春基有、覚静、覚誉、六条有忠正室
テンプレートを表示

園 基藤(その もとふじ)は、鎌倉時代後期の公卿参議園基顕の子。母は明清法印の娘。初名は基定。官位従二位権中納言右衛門督検非違使別当園家3代当主。

園家の出身では初めて権中納言に任ぜられた。

経歴[編集]

以下、『公卿補任』と『尊卑分脈』の内容に従って記述する。

脚注[編集]

  1. ^ 安嘉門院当年御給。この時、基定。
  2. ^ この時、15歳。基藤に改名。
  3. ^ 不出仕のため。

出典[編集]

先代:
園基顕
園家
3代
次代:
園基成