国立病院機構徳島病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 国立病院機構徳島病院
病院外観
情報
指定管理者 田中 信一郎
正式名称 独立行政法人国立病院機構徳島病院
英語名称 National Hospital Organization Tokushima Hospital
前身 傷痍軍人徳島療養所
国立徳島療養所
国立療養所徳島病院
標榜診療科 内科、神経内科、呼吸器科、小児科、外科、整形外科、リハビリテーション科、放射線科、眼科、歯科、麻酔科
許可病床数

300床


一般病床:300床
開設者 独立行政法人国立病院機構
管理者 田中真一郎(院長)2015年4月より
所在地
776-8585
位置 北緯34度3分20秒
東経134度20分19秒
二次医療圏 東部II
PJ 医療機関
テンプレートを表示

独立行政法人国立病院機構徳島病院(どくりつぎょうせいほうじんこくりつびょういんきこう・とくしまびょういん)は、徳島県吉野川市鴨島町敷地にある独立行政法人国立病院機構が運営する病院である。政策医療分野における神経・筋疾患の基幹医療施設であり、骨・運動器疾患も手がける。病院の南側に徳島県立鴨島支援学校が所在する。

沿革[編集]

  • 1939年 傷痍軍人徳島療養所として創設。
  • 1945年 厚生省に移管し、国立徳島療養所として発足。
  • 1980年 国立療養所徳島病院と改称。
  • 2000年 徳島県における難病拠点病院の指定を受ける。
  • 2001年1月6日 厚生労働省に移管。
  • 2004年4月1日 独立行政法人国立病院機構徳島病院となる。
  • 2013年10月1日 新病棟へ移転。病棟数が5病棟となる。


診療科目[編集]

交通[編集]

  • 徳島市内より国道192号を経由し西へ約20kmの地点(西麻植小学校)より、南へ1.4km入ったところ。

外部リンク[編集]