国立病院機構南岡山医療センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 南岡山医療センター
病院外観
情報
正式名称 独立行政法人国立病院機構南岡山医療センター
英語名称 National Hospital Organization Minami-Okayama Medical Center
前身 傷痍軍人岡山療養所
国立療養所南岡山病院
国立岡山療養所
標榜診療科 内科、神経内科、呼吸器内科、アレルギー科、リウマチ科、小児科、外科、整形外科、呼吸器外科、皮膚科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、放射線科、歯科、麻酔科
許可病床数

506床
一般病床:406床



結核病床:100床
機能評価 一般500床以上:Ver5.0
開設者 独立行政法人国立病院機構
管理者 宗田良(院長)
所在地
701-0304
位置 北緯34度36分52秒
東経133度49分24秒
二次医療圏 県南西部
PJ 医療機関
テンプレートを表示

独立行政法人国立病院機構南岡山医療センター(どくりつぎょうせいほうじん こくりつびょういんきこう みなみおかやまいりょうセンター)は、岡山県都窪郡早島町にある医療機関である。

概要[編集]

独立行政法人国立病院機構が運営する病院で、政策医療分野における神経・筋疾患、免疫異常の基幹医療施設、呼吸器疾患(結核含む)、重症心身障害の専門医療施設である。

沿革[編集]

1938年昭和13年)に、傷痍軍人岡山療養所(しょういぐんじん おかやまりょうようしょ)として創設された[1]国立療養所南岡山病院(こくりつりょうようしょ みなみおかやまびょういん)の名称を経て、現名称となる。

年表[編集]

  • 2012年平成24年)
    • 3月重度心身障害児(者)病棟跡地にて中央病棟の新築工事が着手[2]
  • 2013年(平成25年)
    • 6月16日、中央病棟の新築工事(総工費約25億円)が完成し、記念式[2]
  • 2015年(平成27年)
    • 6月21日、リニューアル工事(総工費約48億円)が完了し、記念式典[1]

診療科[編集]

  • 内科
  • 神経内科
  • 呼吸器内科
  • アレルギー科
  • リウマチ科
  • 生活習慣病部門
  • 血液内科
  • 小児科
  • 外科
  • 整形外科
  • 皮膚科
  • 耳鼻咽喉科
  • リハビリテーション科
  • 放射線科
  • 歯科
  • 麻酔科

医療機関の指定等[編集]

  • 保険医療機関
  • 救急告示医療機関
  • 労災保険指定医療機関
  • 指定自立支援医療機関(更生医療・育成医療・精神通院医療)
  • 身体障害者福祉法指定医の配置されている医療機関
  • 生活保護法指定医療機関
  • 結核指定医療機関
  • 戦傷病者特別援護法指定医療機関
  • 原子爆弾被害者一般疾病医療取扱医療機関
  • 公害医療機関
  • エイズ治療拠点病院
  • 特定疾患治療研究事業指定医療機関
  • 小児慢性特定疾患治療研究事業指定医療機関

周辺[編集]

交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b “南岡山医療センター病棟新築祝うリニューアル完了で記念式典”. 山陽新聞 (山陽新聞社). (2015年6月21日). http://www.sanyonews.jp/article/191365/1 2015年6月22日閲覧。 
  2. ^ a b “中央病棟が完成、7月稼働”. 山陽新聞 岡山医療ガイド (山陽新聞社). (2013年6月17日). http://iryo.sanyo.oni.co.jp/news_s/d/c2013061709522991 2013年6月21日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

この節は執筆の途中です この節は医療機関に関して執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めていますPJ医療機関)。