国立病院機構東徳島医療センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 東徳島医療センター
病院外観
情報
正式名称 独立行政法人国立病院機構東徳島医療センター
前身 日本医療団板西療養所、国立板西療養所、国立療養所東徳島病院
標榜診療科 内科、消化器科、循環器科、呼吸器科、小児科、外科、呼吸器外科、整形外科、泌尿器科、放射線科、麻酔科、リハビリテーション科
許可病床数

330床
一般病床:310床



結核病床:20床
開設者 独立行政法人国立病院機構
管理者 大木崇(院長)
所在地
779-0193
徳島県板野郡板野町大寺字大向北1-1
位置 北緯34度8分14秒
東経134度28分7秒
二次医療圏 東部I
PJ 医療機関
テンプレートを表示

独立行政法人国立病院機構東徳島医療センター(どくりつぎょうせいほうじんこくりつびょういんきこう・ひがしとくしまいりょうせんたー)は、徳島県板野郡板野町にある独立行政法人国立病院機構が運営する病院である。政策医療における呼吸器疾患(結核含む)及び重症心身障害の専門医療施設である。

国立療養所東徳島病院2010年10月1日付で現名称に変更した[1]

沿革[編集]

  • 1945年 - 日本医療団板西療養所として創設。
  • 1957年 - 国立板西療養所として発足。
  • 1979年 - 国立療養所東徳島病院に改称。
  • 2004年4月1日 - 独立行政法人国立病院機構東徳島病院となる。
  • 2010年10月1日 - 独立行政法人国立病院機構東徳島医療センターへ名称変更。

診療科目[編集]

附属看護学校[編集]

交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]