国広哲弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

国広 哲弥國廣哲彌、くにひろ てつや、1929年7月23日 - )は、日本言語学者東京大学名誉教授神奈川大学名誉教授。文学博士(東京大学、1979年)(学位論文「意味論の方法」)。山口県宇部市生まれ。

略歴[編集]

旧制宇部中学校旧制山口高校卒、1954年東京大学文学部言語学科卒業。東京大学文学部言語学科助教授教授1978年文学博士(東京大学)。1990年定年退官、名誉教授、神奈川大学教授、同名誉教授。『日本語学を斬る』の「あとがきに代えてー私が言語学の道に入るまでー」に自伝的な記述があり、恩師として旧制中学時代の岩本義雄、旧制山口高校時代の田中美輝、東京大学時代の服部四郎をあげている。

著書[編集]

単著[編集]

  • 構造的意味論 日英両語対照研究 三省堂, 1967
  • 意味の諸相 三省堂, 1970
  • 意味論の方法 大修館書店, 1982
  • 日本語誤用・慣用小辞典 講談社現代新書, 1991
  • 日本語誤用・慣用小辞典「続」講談社現代新書, 1995
  • 理想の国語辞典 大修館書店, 1997
  • 日本語の多義動詞 (理想の国語辞典 2) 大修館書店, 2006
  • 新編 日本語誤用・慣用小辞典 講談社現代新書, 2010
  • 日本語学を斬る 研究社, 2015

共編著[編集]

  • ことばの意味 1,2,3 平凡社選書, 1982
  • アクセント・イントネーション・リズムとポーズ 廣瀬肇,河野守夫 三省堂, 1997
  • 小学館プログレッシブ英和中辞典 小西友七安井稔共編 小学館, 1980
  • プログレッシブ英語逆引き辞典 堀内克明共編 小学館, 1999

翻訳[編集]

  • 理論言語学 J.ライオンズ 杉浦茂夫,東信行共訳 大修館書店, 1973
  • 心理言語学 思考と言語教育 ダニー・D.スタインバーグ 鈴木敏昭共訳 研究社出版, 1988

記念論集[編集]

  • 文法と意味の間 国広哲弥教授還暦退官記念論文集編集委員会 くろしお出版, 1990
  • 日本語・意味と文法の風景 国広哲弥教授古稀記念論文集 山田進,菊地康人,籾山洋介編 ひつじ書房, 2000