國定浩一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国定浩一から転送)
移動先: 案内検索
くにさだ こういち
國定 浩一
生年月日 1940年
出生地 日本の旗 東京府

國定 浩一(くにさだ こういち、1940年(昭和15年) - )は、日本の経済評論家東京府生まれの大阪府育ち。大阪府立北野高等学校東京大学法学部卒業[1]大阪学院大学大学院商学研究科教授[2]。専門は日本経済、関西経済。旧字の「國」が常用漢字に入っていないため、新聞やテレビ等では国定浩一と表記されることもある。

人物[編集]

銀行時代[編集]

大和銀行ニューヨーク支店巨額損失事件においては専務取締役として最終処理を担当している。

主義・主張[編集]

「金は汗を流して稼げ」がモットーである。外資系企業に対しては懐疑的な見解を採り、聖域なき構造改革に反対の立場に立つ。堀江貴文村上世彰の手法を早くから批判し、小泉改革が格差を生んだとして小泉純一郎竹中平蔵を強く批判している。

2008年大阪府知事選挙では、堺屋太一らとともに橋下徹を支援する団体「橋下氏を知事にする勝手連」を設立し、代表を務めた。橋下とは北野高校の先輩後輩の間柄である。

阪神ファン[編集]

熱狂的な阪神タイガースファンとして知られ、「虎エコノミスト」との異名を持つ。

2002年に映画ミスター・ルーキーで阪神ファン役でゲスト出演。

略歴[編集]

2015年現在、大阪学院大学大学院商学研究科教授。

著書・論文等[編集]

  • 産経新聞 『紙面批評』(連載)
  • 日本経済新聞 『十字路』(連載)
  • 中日新聞 『景気球』(連載)
  • 大阪日日新聞 『まいど、なにわ経済余話』(連載)
  • 毎日新聞 外部紙面研究委員
  • BCNニュース 『視点』(連載)
  • 『阪神ファンの経済革命』 テイ・オー・エンタテイメント(著書)
  • 『阪神ファンの経済効果 (角川oneテーマ21)』 角川書店(著書)
  • 『「阪神ファン式」人生の法則 感動が成功を生む』 TOブックス(著書)

出演番組[編集]

現在[編集]

過去[編集]

その他の活動[編集]

  • 橋下氏を知事にする勝手連 代表
  • 関西経済同友会 海外交流委員会 共同委員長
  • 関西経済同友会 郵政・特殊法人等改革委員会 委員長
  • 大阪府 行財政改革有識者会議 委員
  • 関西再活性研究会 堺屋塾 副会長
  • 毎日放送 番組審議会委員

関連項目・人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 著書一覧 新潮社
  2. ^ a b 教員紹介 大阪学院大学

外部リンク[編集]