四部分類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

四部分類(しぶぶんるい)は、前近代中国漢籍目録図書目録)を作成するために発明された、図書分類法の一種である。四庫分類(しこ-)、経史子集(けいしししゅう)ともいう。

歴史[編集]

四部分類が発明される前の分類法としては、紀元前6年前漢哀帝の命令で劉歆が編纂した『七略』による分類法がある。七略とは、六芸略・諸子略・詩賦略・兵書略・術数略・方技略・輯略の七部分類法(実際には、輯略は総記に相当するので、六部分類法)のことである。

3世紀には、西晋武帝の命令で、荀勗が『中経新簿』を編纂し、その際に甲・乙・丙・丁の四部の分類法を最初に適用した。

その後、7世紀、初の『隋書』「経籍志」により、経・史・子・集の四部分類法が完成した。

四部分類の代表例として、乾隆帝の命令によって編纂された一大叢書である『四庫全書』による四部分類がある。

近代以降、四部分類は用いられなくなるが、中国学を扱う大学研究所などの図書館研究室では、漢籍を配架するための国際標準的な分類法として踏襲されている。

四部の構成[編集]

  1. 経部 (けいぶ。儒教および注釈等。訓詁学(文字解釈)を含む)
  2. 史部 (しぶ。地理等)
  3. 子部 (しぶ、こぶ。百家を始めとして、天文学学・医学薬学等の科学技術書も含む)
  4. 集部 (しゅうぶ。小説などの文学作品・文芸評論といった文

現代では、さらに叢書部を加えて五部分類とすることもある。

参考文献[編集]