四国化工機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
四国化工機 株式会社
Shikoku Kakoki Co.,Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
771-0287
徳島県板野郡北島町太郎八須字西の川10-1
設立 1961年昭和36年)5月
業種 機械
法人番号 6480001005283 ウィキデータを編集
事業内容 充填包装機および関連機器(前処理装置・CIP装置・包装システム等)の設計製造販売、プラントエンジニアリング、食品用包装資材の販売、豆腐をはじめとする大豆加工食品の製造
代表者 代表取締役社長CEO 植田滋
資本金 1億4,500万円
売上高 474億円(2020年3月期)
従業員数 737名
外部リンク www.shikoku-kakoki.co.jp/
テンプレートを表示

四国化工機株式会社(しこくかこうき)は、徳島県板野郡北島町に本社を置く企業である。

液体飲料用充填機の製作販売、包装資材の企画・販売、「さとの雪」ブランドの豆腐製造を行っており、特に、牛乳パック等に対応したの屋根型紙容器(ゲーブルトップカートン)に液体を充填する機械に関しては、日本国内で70%のシェアを持つ。

概要[編集]

食品産業向けタンクを中心とした装置メーカーとして、植田道雄氏が1961年に設立。その後、乳酸菌飲料用のプラスチックボトル充填シール機の開発を契機に食品機械メーカーとなる。牛乳やジュース、お酒などの飲料や、ヨーグルト、プリン、アイスクリーム等のデザートだけでなく、カップ麺、カレールー、味噌、マーガリン、調味料など様々な食品に対応する充填機を販売している。 国内だけでなくヨーロッパを中心に世界50ヶ国以上に輸出している。

また、食品プラントのエンジニアリングにも力を入れており、新しい工場の建設、既存工場の改善、増設など様々なプラン設計・据付・施工・生産立会いまで一貫した工場づくりをバックアップしている。

機械単体での設計・製作・据付・調整・生産立会いも行っており、各種包装機械・検査機械を取り扱っている。

なお、「機械事業」を主力に「包装資材事業」や「食品事業」の三事業を手掛けている。

包装資材事業では 飲料や食品用のカップ容器・ボトル容器・蓋・フィルムなど、食品包装用包装資材の企画開発や販売を行っている。

食品事業では、自社開発の豆腐製造機で「さとの雪」ブランドの豆腐や油揚げなど大豆加工食品の製造を行っている

2001年に阿波うず潮ビール株式会社から醸造設備を譲り受け、地ビール「阿波うず潮ビール」を製造していた[1]が、2009年を以って生産を終了している[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “缶ビール「阿波うず潮ビール」発売開始” (プレスリリース), 四国化工機株式会社, (2002年5月8日), https://www.shikoku-kakoki.co.jp/news/2002/20020508.html 2019年7月28日閲覧。 
  2. ^ 阿波うず潮ビール”. Beer Cruice. 2019年7月28日閲覧。

外部リンク[編集]