ゲーブルトップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゲーブルトップ

ゲーブルトップ: gable top)とは、頂点が切妻屋根型に加工された箱型紙容器のこと。ミルクカートン(紙パック)に多く利用される[1]

1915年アメリカのジョン・ヴァン・ウォーマーによって発明された包装形式[2]で、後年に耐水性などが改良され、搬送性に優れた包装として主に飲料の包装に普及した。

発表当初は「ピュアパック」 (PurePack) と称されていたが、登録商標であることから現在は容器の形状を現す語句として「ゲーブルトップ」が使われている。ピュアパックに関する権利はノルウェーのエロパック (EloPak) 社が保持しており、同社の無菌充填包装技術に関する商標となっている。日本の商標登録番号は、第1519012号・第1605877号である[3]

脚注[編集]

  1. ^ 栄養・生化学辞典. “ゲーブルトップ” (日本語). コトバンク. 2021年8月13日閲覧。
  2. ^ US1157462A - Folded-blank box.”. Google Patents. 2021年8月13日閲覧。
  3. ^ ピュアパック 検索結果一覧”. J-PlatPat. 2021年8月13日閲覧。

関連項目[編集]