名倉松窓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

名倉 松窓(なくら しょうそう、文政4年(1822年) - 明治34年(1901年)1月27日)は、幕末明治期の幕臣漢学者儒学者大陸浪人官吏。明治以後は信敦と名乗った。別予何人。信敦(のぶあつ)の名は、柳原前光から贈られた詩に由来する。

幕末期から日清修好条規まで日清外交の実務に携わった生粋の中国通である。

経歴[編集]

遠江国浜松藩士。父の名は名倉信芳。父の信芳は浜松藩主・井上正直に従い奥州に入った。

弘化2年(1845年)に藩校・克明館の教授となり、遣唐使が廃止されて以降、千年ぶりに行われた幕府使節団の一人として文久2年(1862年)に幕府「千歳丸」で上海を訪れ、長州藩士・高杉晋作や薩摩藩士・五代才助らと同船した。更に文久3年(1863年)冬、池田筑後守の一行に従いフランスに赴く。他、南京台湾に紀行した。長沼流の兵学を学び、討幕論者としての見識を広め、戊辰戦争の際は浜松藩兵の指揮者として甲府鎮護にあたる。

長く支那に滞在していた名倉は、未だに郡県制ではなく封建制をとっている日本は、の三代の頃にあたる、遅れた制度と文明しか持っていないとの見解を持つようになった。廃藩に伴い、上京して慶應義塾に入学。明治3年(1870年柳原前光日清修好条約交渉に渡清したときに随行。李鴻章の手紙に福澤諭吉の『世界国尽』を紹介した。元老院書記生修史館掌記となり、外交官として支那を漫遊。

晚年、旧友の劉銘伝に招かれて、5度目の外遊として台湾に渡る。交友関係も陳汝欽侯儀楊溥方望郷、と幅広い。

著書[編集]

  • 『三次壮遊録』
  • 『海外日録』
  • 『支那聞見録』
  • 『滬城筆話』
  • 『滬城筆話拾遺』
  • 『航海日録』
  • 『航海外日録拾遺』
  • 『海外壮遊詩』
  • 『続周易考』
  • 『日本紀事』
  • 『遠江紀行』
  • 『刀陣提要』
  • 『実操摘要』

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • 丸山信編『人物書誌大系 30 福沢諭吉門下』日外アソシエーツ、1995年3月、ISBN 4816912843