合水県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中華人民共和国 甘粛省 合水県
簡体字 合水县
繁体字 合水縣
拼音 Héshǔi xiàn
カタカナ転写 ホーシュイ シエン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
甘粛
地級市 慶陽市
行政級別 市轄区
面積
総面積 2,976 km²
人口
総人口(2008) 15.48 万人
経済
GDP(2010) 20.3億元
電話番号 0934
郵便番号 745400
行政区画代碼 621024
公式ウェブサイト http://www.hsxzf.gov.cn/

合水県(ごうすい-けん)は中国甘粛省慶陽地級市の1つ。県人民政府所在地は西華池鎮。

概要[編集]

甘粛省最東部に位置し、陝西省との省境を持つ。総人口17.5万人中、農業人口が15.24万人という農業中心の県であるが、エネルギー資源を多く埋蔵しており、原油の埋蔵量2.7億トン、石炭の埋蔵量71.3億トン、石炭ガス埋蔵量2150億立方メートルとされる[1]。また、県内には県川河、馬蓮河、固城河、苗村河、葫芦河の5河川が流れ、年平均総流量が3.29億立方メートルと黄土高原地帯では豊富な水資源があり、子午嶺などの大規模灌漑に利用されている。平均海拔は1298.7mと高原中に位置するが、森林被覆率は56.9%と比較的高く、慶陽市の裏庭(「後花園」)とも呼ばれている。

黄河象の化石が出土し、古い石刻がある場所としても知られる。

気象[編集]

年総日照時間は平均2457.2時間、無霜日は155.2日、年平均降雨量は560.3mm。

歴史[編集]

かつて「楽蟠」と呼ばれた地である。 586年開皇16年)、隋朝により県が設置される。

言語[編集]

中国語北方方言中原官話秦隴片に属す方言が主に使われている。

農業[編集]

小麦トウモロコシ馬鈴薯大豆アブラナリンゴなどの他、瓜類などの野菜栽培も行われている。

畜産業ではがそれぞれ7.12万頭、24.4万匹、11.2万匹程度飼われている。

観光[編集]

仰韶文化斉家文化の遺跡があり、子午嶺の尾根には「秦直道」と呼ばれた古代通路の跡がある。また、石刻などを展示する隴東古石刻芸術博物館がある。

行政区画[編集]

3鎮、9郷を管轄する:

  • :西華池鎮、老城鎮、太白鎮
  • :吉峴郷、肖咀郷、段家集郷、固城郷、太莪郷、店子郷、何家畔郷、板橋郷、蒿咀鋪郷
    • かつてあった郷:定祥郷、柳溝郷、楊坪郷

脚注[編集]

  1. ^ 合水县县情概况” (中国語). 合水县政府. 2012年1月21日閲覧。