金昌市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中華人民共和国 甘粛省 金昌市
市街地の様子
市街地の様子
甘粛省中の金昌市の位置
甘粛省中の金昌市の位置
簡体字 金昌
繁体字 金昌
拼音 Jīnchāng
カタカナ転写 ジンチャン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
甘粛
行政級別 地級市
市長 張令平
面積
総面積 8,896 km²
人口
総人口(2008) 46.74 万人
人口密度 23.05 人/km²
市区人口() 2008 万人
経済
GDP(2008年) 213.22億元
一人あたりGDP 45,570元
電話番号 0935
郵便番号 737100
ナンバープレート 甘C
行政区画代碼 620300
公式ウェブサイト http://www.jc.gansu.gov.cn/jc/index.asp

金昌市(きんしょう-し)は中華人民共和国甘粛省に位置する地級市

地理と気候[編集]

金昌市は甘粛省の中央部、黄河の西、祁連山脈の北、アルシャー高原の南に位置する。市の南西は青海省に、北西は内モンゴル自治区に接する。

歴史[編集]

明代に永昌衛が設置され、清代に永昌県に改められた。1981年に地級市が設置された際に、市内に金川峡が位置したことより金昌市と命名され現在に至る

行政区画[編集]

1市轄区、1県を設置する

金昌市の地図

年表[編集]

経済[編集]

産業基盤は農業及び自然資源採掘により。「ニッケルの都」と称されるようにニッケル以外に、石英マンガンコバルト亜鉛タングステン石灰岩など他の鉱産資源も豊富。主な作物は油菜

観光[編集]

長城や唐代の名刹、聖容寺(圣容寺)の観光が知られており、他には未開発の自然環境が観光客を集める。