義寧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

義寧(ぎねい)は、恭帝楊侑の治世に使用された元号。617年-618年。

  • 元年11月李淵、代王楊侑を皇帝に立て、煬帝を太上皇とする。義寧と改元。李淵、唐王となる。
  • 2年4月煬帝の訃報が長安に伝わる。
  • 2年5月:恭帝、唐王李淵に皇位を禅譲する。

西暦・干支との対照表[編集]

義寧 元年 2年
西暦 617年 618年
干支 丁丑 戊寅

他元号との対照表[編集]

義寧 元年 2年
武徳 武徳2
梁師都 永隆 永隆2年
朱粲 昌達3 昌達4
林士弘 太平元 太平2
竇建徳 丁丑元 丁丑2
李密 永平元 永平2
劉武周 天興元 天興2
郭子和 正平元 正平2
薛挙 秦興元 秦興2
蕭銑 鳳鳴元 鳳鳴2
曹武徹 通聖元 -
宇文化及 - 天寿元
李軌 安楽元 安楽2
高開道 - 始興元
高曇晟 - 法輪元
高昌 義和4 義和5
新羅 建福34 建福35

関連項目[編集]


前の元号:
大業
'中国の元号
'
次の元号: