双葉さん家の姉弟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
双葉さん家の姉弟
ジャンル 青年漫画
漫画
作者 佃煮のりお
出版社 白泉社
掲載誌 ヤングアニマル
レーベル ヤングアニマルコミックス
発表号 2017年No.7 -
巻数 既刊4巻(2018年11月29日現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

双葉さん家の姉弟』(ふたばさんちのきょうだい)は、佃煮のりおによる日本漫画。『ヤングアニマル』(白泉社発行)にて2017年7号より連載中で[1]、26号での掲載後は休載している。佃煮のりおの白泉社での初連載作品。双子の姉弟・寧子と乙宏を中心とした、かわいい下ネタやイチャイチャな描写が特徴で、それまでの作者の連載作品同様、男の娘も登場するコメディ漫画。作品のキャッチは「弟LOVEなエロかわお姉ちゃんとの癒しコメディ♡」。

あらすじ[編集]

成績優秀かつ眉目秀麗な女子高生・双葉寧子。学園内では誰もが憧れるお姉さん的な存在だが、家に帰ると実の弟の乙宏にベタベタな甘えん坊に豹変する。

登場人物[編集]

双葉 寧子(ふたば ねいこ)
声 - 赤﨑千夏(ゲーム版)
二年生。8月8日生まれ。乙宏の双子の姉。生徒会長を務め、成績優秀かつ学園内では美人でしっかり者と評価され人気も高い。しかし実は相当なブラコンであり、家では乙宏にベタベタしたがり、高校生であるにもかかわらず一緒にお風呂に入りたがることもある。
双葉 乙宏(ふたば おとひろ)
二年生。寧子の双子の弟。8月8日生まれ。周囲から優秀な寧子と比較されることへの反抗心から髪を金髪に染めたり、他の生徒からの嫉妬を避けるために学校内では寧子と話さないようにしているが、誰よりも彼女を知る一番の理解者で、本人も時々甘えん坊になる一面もある。家庭科系男子。
二宮 妹子(にのみや まいこ)
阿仁の双子の妹。二年生。寧子と乙宏の同級生。終始クールな態度だが、根は優しい。学内では同じく双子である寧子と乙宏と過ごすことが多く、自分の双子の兄の阿仁には素直になれない様子。乙宏と寧子が近親相姦ではないかと疑っている。
二宮 阿仁(にのみや あにぃ)
妹子の双子の兄。二年生。妹子や後輩からは「あにぃちゃん」と呼ばれている。乙宏が始めたバイト先で出会ったかわいらしい同僚。バイト先に寧子と妹子が訪れたことで、阿仁が妹子の双子の兄で女装男子、そして同じ学校に通う同級生ということが判明する。たまに男らしさをみせることもある。女装に傾倒するようになったのは幼いころに起こった出来事が原因となっている。
小林 大吉(こばやし だいきち)
一年生。愛音の義弟。家庭の事情で愛音と家族になった。初めの頃はギャルに偏見を持っていたが作品上の漫画「パティキュート」を通してなかよくなった。愛音に対して過保護。生徒会の副会長。寧子に想いを寄せている。
小林 愛音(こばやし あいね)
一年生。大吉の義姉。ギャルだが純情。ギャルではあるが周りにオタクを隠し通しているらしい。「パティキュート」という漫画を通して大吉と仲良くなった。大吉を気にかけているが当本人は気付いていない。
尾根澤 ショウタ(おねざわ ショウタ)
寧子と乙宏のいとこ。千代の弟。小学校4年生。美人のお姉さんが大好き。乙宏とはあまり仲がよくなく、ケンカをすることも多い。幼いころに母親を亡くして家事全般が出来る姉の千代は自分にとって最高の母と考えている。
尾根澤 千代(おねざわ ちよ)
寧子と乙宏のいとこ。ショウタの姉。弟にかなり優しい理想の姉兼母。しかしその一方でよくパンツを穿き忘れるうっかりな一面も。

ゲーム[編集]

2018年6月29日配信開始。「RPG アツマール」にてプレイ可能なブラウザゲーム。ミニゲームをクリアして寧子(声 - 赤﨑千夏)のボイスを集めていく内容。

主題歌「Summer☆Girl」
作詞・歌 - 佃煮のりお

書誌情報[編集]

  • 佃煮のりお『双葉さん家の姉弟』白泉社ヤングアニマルコミックス〉既刊4巻(2018年11月29日現在)
    1. 2017年8月29日発売、ISBN 978-4-592-16056-4
    2. 2018年1月29日発売、ISBN 978-4-592-16057-1
    3. 2018年6月29日発売、ISBN 978-4-592-16058-8
    4. 2018年11月29日発売、ISBN 978-4-592-16059-5

脚注[編集]

  1. ^ 「ベルセルク」連載再開、39巻は6月!佃煮のりおのコメディも開幕”. コミックナタリー (2017年3月24日). 2021年5月10日閲覧。

外部リンク[編集]