千葉縣護國神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
千葉縣護國神社
ChibakenGokokuJinja20100501.jpg
本殿 (2010年5月1日)
所在地 千葉県千葉市中央区弁天3丁目16-1
位置 北緯35度37分12秒
東経140度06分42秒
主祭神 千葉県出身の国事殉難者
社格 内務大臣指定護国神社・別表神社
創建 1878年明治11年)
例祭 4月10日10月10日
テンプレートを表示

千葉縣護國神社(ちばけんごこくじんじゃ)は、千葉県千葉市中央区にある神社護国神社)である。神紋は丸に桜紋。

概要[編集]

戊辰戦争から太平洋戦争に至るまで、国事に殉じた千葉県出身・由縁ある国事殉難者を祀る神社。合祀祭神は現在五万七千余柱。

歴史[編集]

明治11年(1878年)1月27日柴原和初代県令の発起により、「千葉縣招魂社」として創建され、明治維新で亡くなった佐倉藩の安達直次郎盛篤ら16人の霊が祀られた。昭和14年(1939年)、招魂社の制度が護国神社に改められるのに伴い「千葉縣護國神社」と改称した。昭和18年(1943年)4月には主務大臣により1県1社の「護國神社」として指定される。

元の鎮座地は千葉県庁公園内で、明治22年(1889年)に千葉神社境内に遷座したが、境内が狭いことから、昭和12年(1937年)より亥鼻山への遷座がすすめられた。昭和18年(1943年)に新社殿が竣工し、同年4月19日に鎮座祭が行われた。しかし、昭和20年(1945年)7月、千葉市街の大半を焼失する戦災により、社殿を焼失した。

第二次大戦後は、軍国主義施設とみなされるのを防ぐ目的で頌徳神社に改称した。主権回復後の昭和27年(1952年)に千葉縣護國神社に復称した。

昭和42年(1967年9月30日、亥鼻山から現在地に遷座した。平成8年(1996年)、神社本庁別表神社に加列された。

昭和48年(1973年)10月には昭和天皇香淳皇后皇太子明仁親王同妃美智子が親拝 ・参拝。昭和53年(1978年)10月、創立百年大祭を春季例大際に併せて斎行。 また、平成23年5月には特攻勇士の像が建立された。

所在地[編集]

千葉県千葉市中央区弁天3-16-1

祭礼[編集]

  • 季例大祭
    • 春(4月10日)
    • 秋(10月10日)
  • みたま祭
    • 7月13日-16日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]