勝浦漁港 (千葉県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
勝浦漁港
Chiba Katsuura Port.JPG
所在地
日本の旗 日本
所在地 千葉県勝浦市浜勝浦
座標 北緯35度08分44秒 東経140度18分46秒 / 北緯35.14556度 東経140.31278度 / 35.14556; 140.31278座標: 北緯35度08分44秒 東経140度18分46秒 / 北緯35.14556度 東経140.31278度 / 35.14556; 140.31278
詳細
管理者 千葉県
種類 第3種漁港港則法適用港

勝浦漁港(かつうらぎょこう)は、千葉県勝浦市にある第3種漁港である。

概要[編集]

  • 管理者:千葉県
  • 漁業協同組合:勝浦
  • 組合員数:171人(正組合員106人、准組合員65人)[1]
  • 漁港番号:1930030
  • 水揚量:32,187t[1]

勝浦漁港は日本有数のカツオの水揚げ港であり[2]1990年には水揚げ高日本一を記録している。2000年からは、勝浦産のカツオをPRするために「勝浦港カツオまつり」が行われ[3][4]、毎年大勢の観光客で賑わう。近年では「勝浦産カツオ」としてブランド化している。

水揚げされているカツオの半数以上は高知県宮崎県などの県外所属の中型船が多く水揚げしており、漁協側も毎年積極的に受け入れている。また、県外船側も千葉県内の他の漁港よりカツオが高値で取引されるため、休場などで勝浦漁港に入港できない場合は、他の漁港に入港せず、海上に停泊することもある。

秋から冬、そして春にかけては小型鮪延縄船が多く入港している。こちらも高知、宮崎、三重、沖縄、鹿児島など県外所属船が多い。 本まぐろめばちきはだびんちょうカジキ類が水揚げされていて、水揚げ高も年々多くなってきている。

勝浦漁港で行われる競りは、入札方式で行われる。

周辺一帯は南房総国定公園に指定されており、リアス式の海岸線が続いている[5]

沿革[編集]

主な魚種[編集]

主な漁業[編集]

イベント[編集]

勝浦漁港で行われる主なイベント。

  • 勝浦港カツオまつり
  • かつうら若潮まつり(花火大会)
  • 勝浦の秋祭り(第4日目・船渡し)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 勝浦漁港の紹介”. 勝浦漁業協同組合. 2018年9月22日閲覧。
  2. ^ 勝浦漁港”. 千葉県. 2011年7月18日閲覧。
  3. ^ 「勝浦港カツオまつり」中止に”. 産経新聞 (2011年4月26日). 2011年7月18日閲覧。
  4. ^ 勝浦港カツオまつり”. 勝浦市 (2011年). 2011年7月18日閲覧。
  5. ^ 勝浦の自然”. 勝浦漁業協同組合. 2011年7月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]