加藤裕己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加藤 裕己
(かとう ひろみ)
人物情報
全名 加藤 裕己
(かとう ひろみ)
生誕 1947年
日本の旗 日本 東京都
死没 2012年1月21日
出身校 東京大学
学問
活動地域 日本の旗 日本
研究分野 マクロ経済学経済政策
研究機関 東京経済大学
テンプレートを表示

加藤 裕己(かとう ひろみ、1947年昭和22年) - 2012年平成24年)1月21日)は、日本経済学者。専門はマクロ経済学経済政策論。

人物[編集]

1947年、東京に生まれる。1974年東京大学経済学部を卒業(吉川洋伊藤元重井堀利宏らと同期)、同年、経済企画庁へ入庁。経済協力開発機構OECD)事務局、東京大学客員教授内閣府経済社会総合研究所総括政策研究官、内閣府大臣官房審議官(経済財政―分析担当)などを経て、東京経済大学経済学部教授。2012年1月21日、死去。

著書[編集]