加美乃素本舗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
加美乃素から転送)
Jump to navigation Jump to search
株式会社 加美乃素本舗
KAMINOMOTO HONPO Co.,Ltd
Headquarter of Kaminomoto Hompo (01) IMG 5202r R 20150829.JPG
加美乃素本舗本社ビル
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 加美乃素
本社所在地 日本の旗 日本
651-0055
兵庫県神戸市中央区熊内橋通
3丁目3番25号
設立 1932年(昭和7年)4月
創業は1908年(明治41年)8月
業種 化学
法人番号 8140001006966
事業内容 化粧品・医薬品・医薬部外品の製造及び販売
代表者 代表取締役社長 中村範平
資本金 1億3,400万円
売上高 非公表
従業員数 非公表
外部リンク http://www.kaminomoto.co.jp
特記事項:東京支社は東京都文京区本郷3丁目24番6号 本郷サンハイツ2Fに所在する。
テンプレートを表示

株式会社 加美乃素本舗(かみのもとほんぽ)は、兵庫県神戸市中央区に本社を置く育毛剤を中心とした化粧品医薬品医薬部外品メーカーである。

1932年に世界に先駆けて養毛剤「加美乃素」を発売。以来、同社ではヘアケア製品の製造・販売を手掛けている。また、それと並行してスキンケア製品も取り扱っている。

沿革[編集]

  • 1908年8月 - 兵庫県神戸市で紙おしろいの販売を目的に創業。
  • 1932年4月 - 合資会社として法人化され、現社名にも入っている養毛剤「加美乃素」を発売開始。
  • 1951年4月 - 現在地に本社・工場を移転(工場はその後、本社東側に移転)。
  • 1953年11月 - 現社名に変更。
  • 1956年5月 - 東日本に進出(加美乃素東京販売株式会社として、現在は東京支社)。
  • 1975年4月 - 宝塚歌劇団公演に協賛、全国で開催され、以後、貸切公演を実施。
  • 1995年1月 - 阪神・淡路大震災発生で一部被災。
  • 2008年8月 - 創業100周年。

主な商品[編集]

本社工場

ヘアケア製品[編集]

  • 加美乃素A【医薬部外品】
  • 加美乃素A<無香料>【医薬部外品】
  • 加美乃素AD【医薬部外品】
  • 薬用加美乃素【医薬部外品】
  • 薬用加美乃素S【医薬部外品】
  • 薬用加美乃素S-II【医薬部外品】
  • 薬用ヘアグロウストゥリガー【医薬部外品】
  • メンズ加美乃素【医薬部外品】
  • 髪乃素【第2類医薬品】
  • ブラック加美乃素A【医薬部外品】
  • ブラック加美乃素NEO
  • ブラックポマドール
  • レディースダークブラウン加美乃素
  • レディース加美乃素【医薬部外品】
  • レディース加美乃素EX【医薬部外品】
  • 薬用 美髪源【医薬部外品】
  • レディシック美髪エッセンス【医薬部外品】
  • ヘアアクセルレーター【医薬部外品】
  • カミノ21【医薬部外品】
  • ターフ薬用育毛ローションNZ-II【医薬部外品】
  • チャージ薬用育毛トニック【医薬部外品】
  • チャージ薬用コンディショニングシャンプー【医薬部外品】
  • 薬用シャンプー・コンディショナー【医薬部外品】
  • ポマドール オリーブヘアエモリエント
  • 加美乃素メンズポマドール
  • 加美乃素レディースポマドール
  • カラーデエコ・カラーデリタッチ
  • カラーアゲイン
  • カミクローネ

スキンケア製品[編集]

  • エラステクトホワイトニングシリーズ
    • フェイスウォッシュフォーム
    • マイルドウォーターUV
    • モイスチュアアップミルクVC
    • モイスチュアアップエッセンスVC
    • モイスチュアクリーム
    • ホワイトニングボディジェルVC

宝塚歌劇団との関係[編集]

加美乃素が寄贈した宝塚大劇場の緞帳

テレビCM[編集]

同社のCMは、同社と同じく神戸市に本社を置く地元独立局サンテレビジョンや、宮城テレビ放送にて主力製品の「加美乃素A」のCMのみが放送されている。2015年4月より加美乃素本舗ウェブサイト内で「加美乃素80年もの篇」などの30秒CMとして公開している。過去には全国ネットを中心に、様々な放送局で放送されていた。

主なCMのバージョン[編集]

  • 1970年代に制作されたフィルム映像を流した後に「世界に伸びる 加美乃素」というテロップが表示されるバージョン(世界に伸びるの部分は太い明朝体で、加美乃素の部分はゴシック体でそれぞれ表示)。このCMは30秒版(歌がフルコーラス)と15秒版(サビの部分のみ)があるが、現在でもこの15秒バージョンのCMが放送されている。
  • 青色のレオタードを着た男女の集団が背を向けて自身の頭皮を揉んでいるバージョン(1980年代から1991年まで 薬用加美乃素)
  • KEYBOの歌がバックに流れる光月美央主演のバージョン(1992年 アクセルレーターアップグレード、1993年 ビオシグナル)
  • 歌舞伎俳優の坂東八十助(後の十代目坂東三津五郎、当時は寿ひずると結婚していた)が出演していたバージョン(1995年 阪神・淡路大震災直後の企業CM・1996年 薬用ターフ)

スポンサー番組[編集]

現在
  • 2017年時点では全国ネットの単発番組での提供も行っている。
過去

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]