劉ク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「劉昫」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

劉昫(りゅう く、887年 - 946年)は、五代十国時代涿州帰義(現在の河北省保定市雄県)の人、後晋の政治家。字は耀遠。

伝記[編集]

後唐荘宗の時に太常博士翰林学士に任ずる。明宗の時に兵部侍郎、端明殿学士に任ずる。

後晋の時、司空同平章事の官位に至る。後に後晋の出帝開運2年(945年)《唐書》(《旧唐書》)200卷の撰へ招いた。実際は趙瑩張昭遠賈緯らの作であった。

著書[編集]

  • 『唐書』[1]

脚注[編集]

  1. ^ 旧唐書