前田邦博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
前田 邦博
まえだ くにひろ
生年月日 (1965-11-09) 1965年11月9日(53歳)
出生地 東京都文京区
出身校 早稲田大学法学部
所属政党無所属→)
立憲民主党→)
無所属
公式サイト 文京区議会議員【前田くにひろ】公式Webサイト

当選回数 5回
在任期間 1999年5月1日[1] - 2019年4月30日
テンプレートを表示

前田 邦博(まえだ くにひろ、1965年11月9日 - )は、日本政治家行政書士社会福祉士文京区議会議員(5期)。2017年、4人の地方議員とともに「LGBT自治体議員連盟」を設立。発足の記者会見で同性愛者であることを公表した。

来歴[編集]

東京都文京区に生まれる[2]文京区立誠之小学校文京区立第六中学校早稲田大学高等学院卒業[3]

1988年(昭和63年)3月、早稲田大学法学部卒業。同年4月、住宅・都市整備公団に入社。1996年(平成8年)、母親が若年性アルツハイマー病を発病。介護問題に直面、福祉や心理分野への関心が高まり公団を退職。以降、都内を中心に全国各地でカウンセラー養成講座の講師を行った[2]

1999年(平成11年)、文京区議会議員に初当選。2010年(平成22年)には「全国若手市議会議員の会」会長に就任している。議員活動では福祉施策に力を入れ、LGBT教育や公的書類の性別欄廃止を求めて区議会で質問を行った[4]

2017年(平成29年)7月6日、豊島区議石川大我世田谷区議上川あや中野区議石坂わたる埼玉県入間市議細田智也らとともに「LGBT自治体議員連盟」を設立した。他の4人はすでに性的少数者であることを公表して活動を行っていたが、前田は発足の記者会見で同性愛者であることと、8年間共に暮らしたパートナーと15年前に死別していたことを初めて明かした。同連盟には趣旨に賛同する全国62自治体の議員78人(元職も含む)も参加。差別解消に向けた条例や制度の実現を目指す[5][6][4]

2019年(平成31年)4月1日、任期満了に伴う区議選に出馬しないことを表明した[7]

脚注[編集]

外部リンク[編集]