切り花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

切り花(きりばな、切花とも表記)は、咲き始めやつぼみの状態にある植物を、またはをつけて切り取りったもの。姿を整えて水を張った花器花瓶など)に挿し、玄関居室に飾り、あるいは仏壇墓前に供えられる。またはそのために用いられる花のことである。生花(せいか・しょうか・なまか・なまばな・いけばな)ということもあり、仏壇や墓地に供える花のことを仏花(ぶっか)ということもある。

概要[編集]

花束(ブーケ)として贈り物結婚式などにも用いられる。また美しい葉だけの植物を切って飾る切り葉や、センリョウヤブコウジなど小さな実のついたものを切って使うこともある。

日本では昔から仏前に花を供える風習があり、さらに中世より日本独自の文化である華道(生け花)が盛んになったため、日本人にとって切り花は身近な存在であったが、欧米ではあまりそうした習慣がなく、フラワー・アレンジメントは日本の切り花からヒントを得たものといわれている。現在ではイギリスアメリカなどでも切り花を飾る家庭が増えてきているが、アスターケイトウなど日本の園芸品種の人気が高い。

なお、英語では切り花のことを“cutting”というが、この単語は「挿し芽・挿し木」の意味にも使われる。