宿根草

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宿根草(しゅっこんそう)は多年生草本のうち、生育に適さない時期(多くの場合であるが、のこともある)には地上部が枯れてしまうが、それをすぎると発芽して再び生育を始めるものをいう。

園芸では、常緑多年草もまとめて宿根草と呼ぶので、多年草は「球根植物」と「宿根草」に分類されることになる。キクキキョウシャクヤクハナショウブなど、花苗として販売されているもののほとんどがこの範疇にはいる。フキウドアスパラガスなど、宿根性の野菜(蔬菜)もある。

注釈・出典[編集]