ケイトウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケイトウ
Keitou.jpg
ケイトウ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ナデシコ目 Caryophyllales
: ヒユ科 Amaranthaceae
: ケイトウ属 Celosia
: ケイトウ C. argentea
学名
Celosia argentea L.
和名
ケイトウ
英名
plumed cockscomb

ケイトウ鶏頭学名:Celosia argentea) はヒユ科の一年生植物。狭義にはC. argentea f. cristataシノニムC. argentea var. cristata)をいうが、本記事では特に断らない限りC. argentea をケイトウということにする。学名は燃焼という意味のギリシャ語に由来する[1]。ケイトウの花が燃え盛る炎を彷彿とさせるのが根拠と思われる。

からにかけ、赤・桃色・黄色などの花穂ができる。その形状がニワトリ鶏冠(とさか)に似ていることからこの名がついた。花期は6月から9月頃。

原産地はアジアアフリカ熱帯地方と推定され、日本には奈良時代に中国を経由して渡来した。かつては韓藍(カラアイ)と呼ばれていた。花の色は赤や黄色を基調とするが、橙、紫、ピンクなどさまざまな色の園芸品種がある。栽培にあたっては移植を嫌うので直蒔きする。種は嫌光性で、日光の当る場所では発芽しない。アルカリ性の土壌を好み、栽培は簡単である。花穂の形状の異なる羽毛ケイトウ、久留米ケイトウ、トサカケイトウなどの系統がある。

花と葉はアフリカと東南アジアで食用とされている[2]。日本でも食用植物として栽培されていた時期がある。朝鮮では穂粒を豚の餌にしている。根や茎は干した後にいぶしてネズミ除けに用いられる。

日本では江戸時代狩野派の画家狩野永徳が鶏頭を描いている。

主な種類[編集]

参考文献[編集]

  • 草川俊「有用草木博物事典」(東京堂出版)

脚注[編集]

  1. ^ FIELD GUIDE 14 園芸植物(小学館) ISBN 4-09-208014-X
  2. ^ Grubben, G.J.H. & Denton, O.A. (2004) Plant Resources of Tropical Africa 2. Vegetables. PROTA Foundation, Wageningen; Backhuys, Leiden; CTA, Wageningen.

関連項目[編集]