開花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

開花(かいか、: anthesis[1])とは、植物咲く(花のが開く)ことである。

そもそも、植物は茎頂側芽花芽が形成され、発達して大きくなり、その後開花して、生殖作用を行う[2]。原因はで作られる花成ホルモンによって花芽の形成が促成され、葉原基の分化が花原基の分化に切り替えられるからとされるが、まだ詳しいメカニズムは分かっていない。なお、この切り替えは植物種固有の情報に基づくものであるが、温度などの環境要因による影響を受ける場合が多い。

気象学では、植物の花が5・6輪咲き始めた日を開花日とし、季節の判定の基準としており、気象庁でもソメイヨシノウメアジサイヤマツツジなどの開花日を観測している。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 文部省日本植物学会学術用語集 植物学編』(増訂版)丸善、1990年。ISBN 4-621-03376-Xhttp://sciterm.nii.ac.jp/cgi-bin/reference.cgi 
  2. ^ 基本的な植物生理について

参考文献[編集]

関連項目[編集]