円山・四条派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
円山四条派から転送)
移動先: 案内検索

円山・四条派(まるやま・しじょうは)は、江戸中期から京都で有名になった円山応挙を祖とする円山派と、呉春を祖とする四条派を合わせた呼び名である。四条・円山派ともいう。

円山派の祖である円山応挙の写生的画風に、四条派の祖である呉春が影響を受けているため、後世になってまとめて「円山・四条派」と呼ばれるようになったが、実態としては、呉春は与謝蕪村文人画南画)を基礎としているため、円山派四条派は別の流派であるともされる。

主な円山四条派系図[編集]

円山応挙
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
円山応瑞 木下応受 島田元直 月僊 源き 原在中 山本守礼 呉春 長沢芦雪 岸駒 山口素絢 上田耕夫 渡辺南岳 吉村孝敬 岡村鳳水 森徹山 山跡鶴嶺 奥文鳴 西村楠亭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
円山応震 中島来章 原在正 原在明
 
 
 
 
 
 
亀岡規礼
 
 
 
 
長沢芦洲 岸岱 岸連山 上田耕冲
 
 
 
 
吉村孝文 駒井孝礼 森一鳳 和田呉山 森寛斎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
円山応立 幸野楳嶺 川端玉章 原在照 岡本豊彦 松村景文 柴田義董 小田海僊 長沢芦鳳 岸礼 岸竹堂 上田耕甫 大西椿年 鈴木南嶺
 
 
 
森二鳳 野村文挙 巌島虹石
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
国井応文
 
 
 
 
 
 
 
原在泉 塩川文麟 横山清暉 前川五嶺 村瀬双石
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鈴木百年 柴田是真
 
 
 
望月金鳳 山元春挙
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
菊池芳文 谷口香嶠 竹内栖鳳 都路華香 内海吉堂 前川文嶺 森川曾文 村瀬玉田
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今尾景年 鈴木松年 久保田米僊
 
 
 
望月青鳳 川村曼舟

参考文献[編集]

関連項目[編集]