横山清暉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

横山 清暉(よこやま せいき、寛政4年(1792年) - 元治元年(1864年)は、日本江戸時代末期に活躍した四条派絵師松村景文の弟子で、中島来章岸連山塩川文麟らと共に、幕末画壇の「平安四名家」と評された。

略伝[編集]

京都出身。名は清暉または暉三、字は成文、通称は主馬・詳介、号は霞城、吾岳、奇文。初め呉春、ついで松村景文に学んだ。景文没後の誓約書では筆頭に署名があり、景文の一番弟子だったと目される。文政度の東本願寺再建においては白書院の杉戸絵を担当、文政12年(1829年)には祇園祭長刀鉾の軒下絵《百鳥図》の彩色を任された。こうした働きが認められてか、青蓮院尊超入道親王のお抱え絵師となる。幕末期には平安四名家と謳われ、画壇の取りまとめ役として様々な書画展館に際して主催者の重責を担った。『平安人物志』では文政13年(1830年)から嘉永5年(1852年)版まで登場。住所は六角室町東、新町四条北。生前の評価は非常に高く、嘉永3年(1850年)の『帝京画家給銀位定』では970両の<大上上吉>、『平安画家評判記』では980両の<極上上吉>と岸岱狩野永岳に次いで第3位にランクされ、「四条派の総親玉」記されている。ただ、晩年の作品には衰えが目立つとされている。享年73。墓所は、左京区の本妙寺。

弟子に、横山春暉村瀬双石岡島清曠林耕雲有山旭峰島田雪谷奥村石蘭など。

代表作[編集]

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 年代 落款・落款 備考
大江山鬼退治図屏風 紙本著色 六曲一双 155.3x351.0(各) 奈良県立美術館 1839年(天保10年) 款記 右隻「天保己亥初夏擬月渓翁所画 清暉」・左隻「月渓翁所画擬清暉」/両隻に「清暉之印」白文方印・「霞城」朱文方印 通り本作と同じ図柄の呉春屏風「大江山鬼賊退治図」が、京都国立博物館に伝存している。
山水図 絹本墨画淡彩 1幅 106.4x41.3 ボストン美術館 1841年(天保12年)
蘭亭曲水・舟遊図屏風 六曲一双 個人 1856年(安政3年)
四暢図 紙本淡彩 六曲一隻 三井寺
孔雀牡丹図 絹本著色 1幅 114.8x56.5 滋賀県立琵琶湖文化館 款記「清暉」[1]
東方朔図 紙本墨画淡彩 1幅 京都市学校歴史博物館 款記「倣呉月渓翁筆意 黄清暉」/「清暉」朱文楕円印
十二ヶ月図 絹本着色 六曲一双押絵貼 129.4x50.5(各) 個人 款記「清暉」[2]
Genre Scenes of the Seventh to Twelfth Lunar Months 絹本著色 六曲一隻 175.90x375.92 ロサンゼルス・カウンティ美術館
Scholar's retreat in the mountains 紙本墨画淡彩 1幅 131.2x29.2 大英博物館

脚注[編集]

  1. ^ 京都新聞社(1994)p.51。
  2. ^ 滋賀県立近代美術館 京都新聞社編集・発行 『月次絵―十二ヶ月の風物詩―』 1995年10月7日、p.114。

参考文献[編集]

展覧会図録
  • 京都新聞社編集 『円山・四条派から現代まで─京都の日本画 京都画壇二五〇年の系譜展』 京都新聞社 アートワン、1994年
  • 京都文化博物館学芸第一課編集 『京都文化博物館開館10周年記念特別展 京(みやこ)の絵師は百花繚乱 「平安人物志」にみる江戸時代の京都画壇』 京都文化博物館、1998年10月2日
  • 京都国立博物館 宮内庁京都事務所 京都新聞社編集 『新春特別展覧会 京都御所障壁画 ─御常御殿と御学問所─』 京都新聞社、2007年1月