円山応震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

円山 応震(まるやま おうしん、寛政2年3月1日1790年4月14日) - 天保9年8月3日1838年9月21日)あるいは天保11年(1840年))は、江戸時代後期に活躍した絵師円山応挙に始まる円山派の3代目。幼名は、辰三郎または辰五郎、通称は主馬之助、主水。字は中(仲)恭、別号に百里、星聚館、方壷子など。

略伝[編集]

円山応挙の次男・木下応受の子として生まれるが、後に伯父の円山応瑞の養子となる。姉小路室町東入に住んだ。祇園祭郭巨山見送「唐山水仙人図綴織」(文化13年(1816年))や、月鉾水引「双鸞霊獣図刺繍」(天保6年(1835年)の下絵を書いたと言われる。画域は広く、人物、山水花鳥を得意としたというが反面、粉本主義の弊害が指摘されている。

墓所は応挙や応瑞と同じ悟真寺。応震には子がなく、円山応立を養子として4代目とした。弟子に、応震の妹の子・国井応文など。

作品[編集]

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 年代 款記・印章 備考
琵琶湖図 絹本著色 1幅 滋賀県立琵琶湖文化館 1824年(文政7年) 落款「甲申仲春寫 応震」/「應震之印」白文方印 朝鮮人街道に入る手前、石場辺りを通行する朝鮮通信使一行を描く。通信使が最後に江戸へ向かったのは明和元年(1764年)で、先行する図様を写したものだと推測される[1][2]
駱駝図 絹本著食 1幅 125.5x54.6 心遠館 1824年(文政7年) 款記「文政七年甲申暮秋 應震真寫」/「應震」白文方印[3]
秋穫図 紙本淡彩 襖4面 宝鏡寺 1830年(天保元年)頃 御座の間障壁画で、同じく襖4面の「挿秧図」と対。
龍虎図 絹本墨画 双幅 京都国立博物館 落款「應震」/「應震」白文方印
四季耕作図屏風 紙本著色 六曲一双 大聖寺 (京都市) 款記「応震」/「応震」白文長方印
蘭亭曲水図屏風 紙本著色金砂子 六曲一双 城南宮 款記「主馬助応震」 城南宮には他に、奥座敷床の間脇袋戸棚小襖にも応震の絵が描かれているという。
梅花双鶴・引雛鶴図 双幅 随心院
花鳥図 双幅 121.0x57.4 個人 各幅に款記「応震」/印文不明白文方印[4]
本居宣長 紙本著色 1幅 96.3x30.0 本居宣長記念館 無款 本居大平[5]
賀茂真淵像 紙本著色 1幅 106.5x29.7 本居宣長記念館 無款 伝応震。本作品と寸法の異なる応震画賀茂真淵像が箱だけ発見されており、応震が複数の真淵像を描いていた可能性がある[6]
源義家 絹本著色 1幅 105.7x40.0 長浜城歴史博物館[7]
茶三聖図 絹本著色 1幅 豊中市東光院 款記「應需 応震」/「應需」朱文方印・「百里」白文方印[8]
孔雀・雲龍図 紙本著色 衝立1基両面 139.7x96.0(各) 石川県七尾美術館(池田コレクション)[9]
秋海棠山藤図屏風 絹本著色 二曲一双 40.0x76.4(各) 鳥取県立博物館[10]
麦稲図 紙本金地著色 六曲一双 156.6x361.6(各) 心遠館 両隻とも款記「應震」/「應震」白文方印
鯉図 絹本墨画淡彩 1幅 181.0x49.2 ロサンゼルス・カウンティ美術館
Children Playing in Summer and Winter 紙本著色 六曲一双 82x262.1 メトロポリタン美術館
Lady And Attendant 絹本著色 1幅 116.0x51.0 ボストン美術館
唐美人図 絹本著色 1幅 ブルックリン美術館
嵐山・男山図 絹本著色 双幅 112.0x45.9(各) 大英博物館
鍾馗文使図 絹本著色 1幅 120.4x54.3 プーシキン美術館 款記「応震」[11]

脚注[編集]

  1. ^ 滋賀県立琵琶湖文化館 毎日新聞社編集・発行 『滋賀県立琵琶湖文化館が守り伝える美 近江巡礼 祈りの至宝展』 2013年1月2日、pp.126-127、164-165。
  2. ^ 九州国立博物館 滋賀県立琵琶湖文化館編集・発行 『トピック展示 九州国立博物館5周年・滋賀県立琵琶湖文化館50周年記念 ─最澄がつないだ近江太宰府─ 湖の国の名宝展』 2010年6月11日、pp.91、140-141。
  3. ^ 『米国・心遠館コレクション 近世日本絵画集成』 京都書院、1984年10月20日、pp.204、320。
  4. ^ 桑名市博物館編集・発行 『近世の日本画と花乃舎・真秀展』 1997年4月4日、pp.14-15。
  5. ^ 吉田悦之監修 三重県立美術館編集・発行 『開館三十五周年記念3 本居宣長展』 2017年9月30日、第4図。
  6. ^ 公益財団法人鈴屋遺蹟保存会 本居宣長記念館編集・発行 『新版 本居宣長の世界』 2013年11月5日、p.41。
  7. ^ 南伊部町油屋治兵衛家所蔵品展 _ 長浜市曳山博物館
  8. ^ 豊中市史編さん委員会編集 『新修豊中市史 第6巻 美術』 豊中市、2005年12月28日、口絵60、pp.178-179。。
  9. ^ 孔雀・雲龍図衝立(孔雀図面) 円山応震 « 石川県七尾美術館
  10. ^ 鳥取県立博物館編集・発行 『鳥取県立博物館所蔵美術品目録《石谷コレクション編》』 2007年3月、p.29。
  11. ^ 国際日本文化研究センター海外日本美術調査プロジェクト編 『海外日本美術調査プロジェクト報告1 プーシキン美術館所蔵日本美術品図録』 国際日本文化研究センター、1993年1月25日、p.261。

参考文献[編集]

  • 京都市美術館監修 『京都画壇 江戸末・明治の画人たち』 アート社出版、1977年10月1日
  • 『近世の京都画壇 -画家と作品-』 京都市文化観光局文化部文化財保護課編集・発行〈京都市文化財ブックス 第7集〉、1992年3月、pp.44,80。